老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

見えにくい目で爪を切る、いくつかの方法

顔・体

足の爪切りが出来なくなったことで書いたように、 爪切りには苦戦して来ました。
今は、手指の爪はヤスリ、足指の爪は画面拡大で行うことに落ち着きました。
ここでは今までに調べたり試したりした方法をご紹介します。

ルーペ付き爪切り

ちょっとしたプレゼントにも人気なのではないでしょうか。
私は使ったことがないので、あれこれ言う権利は無いのですが、数百円で買えるというのにこの商品を 買う気になれません。
勝手な疑念は
・爪切りで爪を切る動作の際に、ルーペも一緒に動くだろうし、それによって角度も若干変わるはず。 そのことは見えにくく無いのか?
・ルーペには焦点距離があるので、手には使えても足には…ということになるのではないか?
・安価なルーペだろうから、あまり見え方は良く無いのではないか?
・子や孫にプレゼントされるケースも多いだろうが、もらったものを「使えなかった/使いにくかった」 とは言えないだろうから、口コミの「プレゼントしたら喜んでもらえました」は当てにならない。
・そもそも爪を切る際にルーペが邪魔ではないか?
・「ルーペは良いが爪切りが…」だとか「爪切りは良いがルーペが…」ということにならないか?

などなど、疑い始めると色々思いついてしまいます。
我ながら嫌な奴だと、書いていて思いましたが、こんな理由で試したことがないのです。
老眼の親にもプレゼントする気が起きず…
どうなんでしょうね。

爪やすり

紙、ガラス、ステンレスなどいろいろな素材の爪やすりがありますが、断然良い のはガラス製の爪やすりです。
ガラスタイプは2種類試しましたが、2つめに購入した物が良かったので、それ以来爪やすりを探す 必要もなく、今日まで来ています。
(手指の爪に使っています)

初代ガラス爪やすりは、削り力(?)がソフト過ぎて、「伸びた爪を短くしたい!」という要求を満たすには労力と時間を要しました。
ですが2代目のものは、なめらかな使い心地なのに、けっこうサクサク削れます。
正しく削れば(往復せず、必ず一方向に動かすこと)仕上がりもとてもなめらか。

上の写真は、その愛用のガラス爪やすり(2個セット)と、マルチツールに付いているステンレスの爪やすりです。
私のマルチツールは必要最低限のミニタイプで、この爪やすり(先端がマイナスドライバーにもなる)と、ハサミと、ナイフが収められています。
鍵につけて、常に持ち歩いています。

愛用のガラス製爪やすり

rekuten.co.jp

愛用のビクトリノックス

rakuten.co.jp

ルーペで見るのは?

ルーペを持っている場合は、試して見て損はないと思います。
私自身はかなり視力が悪いのでこの方法はダメですが、ある程度見えるなら有効かも。
手の指は顔を近づけて見ることが出来るので、ハンディルーペなどを固定して見るとか。
足の爪は顔から遠いので、メガネ+装着タイプのルーペで見るとか。
足の場合、度数が高いと焦点が短くて足にピントが合わないので、度数の低いものにします。

見えないながら試して見ましたが、手元用の老眼鏡の度数ではなく、遠くを見るための老眼鏡(私は 遠視なので)に、倍率の低いレンズを付けたら、ピントがある程度合っていそうでした。

下の画像は、左はエッシェンバッハのハンディルーペを、スタンドに洗濯バサミで固定したもの。
右はエッシェンバッハのラボクリップをメガネに装着したところです。

ルーペを使って爪切りは出来るか?

スマホやタブレットで拡大して見て爪切り

iPadを拡大鏡モードにして、角度や高さを調節し、画面に爪を映します。
私は画面が顔に近くないと見えないので、机にiPadを置き、椅子に立膝で座って縮こまって行います。

ルーペを使って爪切りは出来るか?

画像は足全体が映る倍率にしていますが、実際に使うときはもっともっと拡大して、足指一本 を大きく映し出して爪切りをしています。

とはいえ、「これで見ながら切れる!万事解決!」というわけではなく、あくまでも指先の感覚を 頼りにしつつ、画面も参考に…という感じですが。
でも全く見ずに切るよりも、やはり良い感じです。

パソコン画面に映して爪切り

さらなる拡大技として、最近iPhoneをWebカメラ風に使うことを取り入れるようになりました。
メイクの時は片手にiPhoneを持って顔を映していますが、足の爪切りの場合はiPhoneを固定する必要がありそうです。
でもこれは簡単に出来そう。
この方法に関しては、また追記したいと思います。

Webカメラ風の使い方のレポートはこちら パソコン画面を鏡代わりに。大画面なら大きく見える!