老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

メジャーのメモリが見えない私が、ウエストサイズを知る方法

顔・体

サンスターの第22回文房具アイディアコンテストのグランプリ(一般部門)の作品が、 ”視覚障害のある人も使用可能な巻尺”だそうです。
なんでも、メモリ1センチごとに1個ずつ突起があり、引き出すとオルゴール のように音階のある金属片を鳴らすこととなり、 10センチで一つのメロディーフレーズになるそう。

どんなメロディなのか分かりませんが、例えば43センチを計りたいならば、 メロディーフレーズ4回と、単独の音を3回鳴らせば43センチになる…
いろいろな音声製品がある中、こんな独創的でワクワクするようなアイディアに脱帽です。

デジタルの必要がなく、アナログで行けるところも何とも魅力的。
残念ながら商品化はされていないようですが、もし商品化したら視覚障害者だけでなく、 子どもも大人も楽しめる人気商品になるのではないでしょうか。

さてさて、私の場合。
視力低下が進み、今となってはメジャーのメモリは見ようともしません。
が、ウエストなどを測るのに使っています。

どうやっているのかというと、60センチ部分に細く切ったテープを巻いて、 触感でも視覚でも分かるようにしてあるのです。

長く引き出したメジャーの写真。2箇所にテープが巻いてある

メジャーを巻き取ってしまうときや、出すときに引っかかりますが、気にしません。
そしてウエストに巻き、「60センチからだいぶ遠ざかってしまった。マズイ…」 と、自分のサイズを自覚するわけです。

おしゃれで見やすいメジャー

少しでも見やすいメジャーがないかと探していたら、 サルトメジャー(銀座吉田)を見つけました。
イタリアの仕立て職人たちが愛用しているメジャーで、字が大きく、 コントラストもくっきりしていて見やすい作り。

さらにファーバーグラス製なのでハリと強度があり、 最初の10センチが補強されているので、測りやすいそうです。

シュルシュルとケースに収まるタイプではなく、ケースの無いタイプ。
ケースに収まるタイプは実用一辺倒なイメージですが、 これはインテリアと飾っていてもオシャレそう。