老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

ロービジョンならではの、コスメとポーチの工夫

顔・体

メイク法については
視覚障害(弱視)の私の化粧の工夫|ロービジョンメイク
で書きましたが、このページではメイク道具やポーチの工夫について書きます。

メイクアイテム 凸シールで目印

アイシャドウに目印

上の写真は同メーカー・同シリーズのアイシャドウなのですが、新色の方にキラキラ凸シールを貼って、手探りでも見つけられるようにしました。

チークとハイライトに目印

上写真はチークとハイライトですが、どちらも同じケースなので、やはりキラキラ凸シールを貼って区別を付けています。
こんな感じで、同じケースのメイクアイテムはシールで判別しやすくしています。

立てて収納しているリップグロスは、てっぺんにシールを貼って区別。

セザンヌリップグロスに目印

自分で3色買ったくせに、どの色か見比べても分からなくなってしまうので、このように目印を付けています。

ポーチの色は侮れない!

ポーチの色によって
1. バッグの中で見つけやすいか否か
2. ポーチの中身が見やすいか否か
が、けっこう違ってきます。

バッグの中

同じバッグに同じように入れてみました。
左が黒っぽい(黒と濃いグレー)ポーチ、右が派手な色使いのポーチです。

黒っぽいポーチは見つけにくい 派手なポーチは見つけやすい

左の写真なんぞ、黒っぽいポーチのある部分は私には謎の闇にしか見えません。
何かの影かと無意識の部分で認識して、そこにポーチがあるとは思いもしないレベルです。
右の写真は全く同じ位置に入れたのだけど、途端に存在を認識できるようになりました。

このバッグはサイズが小さめで、内布も薄く明るいピンク色ですが、それでもこの見え方。
内側が黒など濃い色のバッグだったら、黒っぽいポーチは完全にブラックホールになりそうです。

ポーチの中

黒っぽいポーチの中 派手なポーチは見やすい

上の「バッグの中」と同じポーチを使っています。
カメラの自動補正での色調の違いも多少あると思いますが、内布が明るい色のポーチの方がやはり見やすいです。
それから、私はプチプラコスメばかりなので無関係ですが、ブランドコスメはケースの一部や全体が黒い物が多いと思うのですが、それを踏まえてもやはり明るい色が良さそう。
下の写真は、外側が白っぽいシルバー、内側が薄いピンクで、こういう色のものも見やすいと思います。

白っぽいポーチ
関連記事 視覚障害(弱視)の私の化粧の工夫|ロービジョンメイク
鏡が見えない私が眉毛を整える方法
目が見えにくい場合に自分の顔をチェックする方法
鏡が見えないから、パソコン画面を鏡代わりにする