老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

眼科手術後の目の保護法

顔・体

退院後は危険がいっぱい

入院中は病院にお任せですが、退院後は自分で守らねばなりません。
私は棚のドライヤーを取ろうとしたら、巻ききれていなかったコンセントの先 のプラグ部分が勢いよく目にぶつかってきたことがあります。
2時間くらい強い痛みが続いて、どうしようかと思いました。

寝ている時は枕に顔を押し付けて目も圧迫したり、通常より多い目ヤニを、 寝ぼけてこすってしまったり。
外に出れば、雨や風、人や物にぶつかる危険もあります。

私はこれらを使いました

保護メガネ、金眼帯、テープの写真

上は保護メガネ、左下は金眼帯、右下はソフトテープ。
睡眠時は金眼帯をテープで止め、それ以外は一日中ずっと保護メガネをしていました。
入浴時は清潔なガーゼまたはティッシュをテープで止め、上から金眼帯をしていました。

金眼帯は病院の売店で買いましたが、ネットでも購入出来ます。
テープは絶対にソフトテープにした方が良いです!!
皮膚の薄い目の周り、しかも毎日貼って剥がすので、普通のものでは刺激が強くなります。

保護メガネも病院の売店で購入しましたが、こ ちらは花粉症対策の保護メガネでも良いと思います。
なるべく試着して、きつ過ぎたり隙間が空き過ぎたりしないものを選びたいです。


半永久的に保つ金眼帯。煮沸消毒やアルコール消毒もできます。
手である程度曲げられるので、自分の顔の形に合うように調節できます。
平面顔の私は、就寝時横向きになっても目を圧迫しないように形を整えました。




私は絶対これ。優しく柔らかいテープです。
普通のテープの方が少し安いので、そちらを試したこともありますが、 皮膚への刺激が強く、収縮性もなくて目周りに使うには適さず、結局使えませんでした。