老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

裁縫 縫わない

家の中

見えなくても縫うことは可能ですが、見えにくくて辛いなら、いっそ縫わないという選択肢はどうでしょうか?
ここでは縫わずに裁縫ができるいくつかの方法をご紹介します。

布用の接着ボンドを使う

裁ほう上手

ボンドで有名なコニシの「裁ほう上手」は、布用の接着ボンド。
Amazonでも口コミ評価が高かったので、気になって購入してみました。

使い方は
(1)くっ付けたい布地の両面に塗る(付属のヘラで平らにのばす)
(2)布地を貼り合わせて、アイロンの中温で接着(当て布が必要)
(3)冷めるまでそのまま動かさない
という感じ。

私は試しに、上画像の手ぬぐいで手提げバッグを作ってみました。
持ち手も含め、すべて「裁ほう上手」だけで付けました。

裁ほう上手でバッグを製作

レポートはこちらのページで書いています。

スナップボタン+ハンディプレス

スナップボタン+ハンディプレス

Hiveseen プラスナップ スナップボタン 専用ハンティプレスセット。 こちらもAmazonで口コミが良く、気になって購入してみた物です。
付属の千枚通しで布などに穴を開け、ボタンをセットしてハンディプレスで押し込むだけで、スナップボタンを付けられます。
付属のスナップボタンは、T5サイズ(直径12mm)で、そのほかにもT3(直径:10mm)とT8(直径:14mm)が、このハンディプレスで付けられるようです。(T3とT8を付ける場合は、本体付属の取り替えロッドを交換する必要があるようです)

なにしろ目が悪いので、最初は3種類の形があるスナップボタンの判別が難しかったですが、慣れれば平気になりました。
枕カバーやエコバッグの口を留めるために付けたり、ポーチなどを連結するために付けたり、バスタオルとリボンで簡易バスローブを作ったりと、大活躍してくれています。

レポートはこちらのページで書いています。

両面接着テープで付ける

昔からある、布用の両面接着テープです。
軽く水で濡らして、接着したい場所に挟み込み、上からアイロンを当てて接着します。
上記の接着ボンドに比べると接着力が劣りますが、ベタベタはみ出して手に付いたり周りが汚れたりしないので、使いやすいです。
負荷を掛けない物の制作に良いのではないでしょうか。

作成したらレポートを載せます。