老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

愛用の大画面キッチンタイマー

家の中
関連ページ
計量いろいろ(料理)

画面が大きく、シンプル

大画面タイマーの正面写真

かなり前から、この「でか見えタイマー(タニタ)」を使っています。
とにかくボタン数が少なくシンプルなものを…という基準で選びました。

3通りの設置法がある

大画面タイマーの後ろ写真に、矢印でそれぞれストラップ穴、
		磁石、スタンドと書いて指し示している

とくに便利だと思っているのが、この3通りに設置できること。
うちでは現在はこの「磁石」で冷蔵庫に付けていますが、 扉の開け閉めでズレたり落ちたりはありません。
上部にはストラップホールがあり、また、スタンドを立てて置くこともできます。


タイマーのストラップホールに、クリップ付きストラップを付けた写真

このようにクリップ付きストラップを付けて、クリップをどこかに挟むこともできます

不満な点は?

液晶画面すべてに共通することなのですが、弱視としては画面が暗く見えにくいです。
ただキッチンタイマーに関しては、たとえ画面が見えなくても、リセットしてから 「分」と「秒」のボタンを必要なだけ押せば設定できるので、見えなくてもけっこう平気です。
もうひとつはこの製品のメリットでもあるのですが、アラーム音がハッキリしていて大きいです。
個人的には、こんなに大きく無い方が良いのだけど…と思ってしまいます。

アラーム音量の実際

仕様によると、このタイマーのアラーム音量は70dB以上とのこと。
試しに音の大きさが測れるスマホアプリで、冷蔵庫備付のタイマーと測り比べてみました。
結果、
 冷蔵庫備付のタイマー音:59dB
 でか見えタイマーの音:83dB
素人の適当な計測なので正確な値ではありませんが、けっこうな差があることは確かです。

ただ、うちの父などは最近耳が少し遠いようで、 冷蔵庫タイマーの軽やかな音は聞こえにくい時もあるよう。
対して、でか見えタイマーの音はハッキリ十分に聞こえるそうです。

同品、同傾向品

この愛用タイマーは、もう十年くらい前に買ったと思うのですが、 今も同じ製品が販売されています。
同じ色も、色違い品もあります。
本体とボタンとの見分けやすさ、ボタンの文字の見やすさがカラーに よって異なるので、選ぶ際はその点も重視すると良いかも。



こちらはドリテックの大画面タイマー。
63*34mmの大画面で、やはりシンプルなボタンです。
アラームの音量は不明。



上記2つは、分と秒の数だけそれぞれのボタンを押す必要がありますが、 こちらはテンキータイプ。
一般的な、3列で並んでいるテンキーは、真ん中の「5」に指を置いて操作すること に慣れると、とても楽です。

下のものは、さらに光ります。