老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

スナップボタン+ハンディプレスセットで、縫わずにボタンつけ

家の中
関連ページ
裁縫:縫わない

視覚障害(弱視/ロービジョン)ですが、せっせと縫い物をしています。
手探りなので、縫い目はひどくガタガタですが、まったく気にしません(笑)
少し前から、スナップボタンを付けられるハンディプレスセットが気になっており、今回購入しました。

スナップボタンを付けられる機械

スナップボタンとハンディプレスのセット

上の写真が、セット内容です。
この手のものは全く知識が無かったのですが、色とりどりのスナップボタンと、ハンディプレス本体と、 違うサイズのスナップ用の土台(?)と、目打ちとマイナスドライバーのセットでした。
マイナスドライバーは、恐らく土台(?)を付け替える時に使うようです。

ボタンは全部で24色あるようです。すごい!

24色のスナップボタン

深く考えずに購入しましたが、スナップボタンというのは
親ボタン(外+内)と子ボタン(外+内)
の、合計4つのパーツを使って完成するのですね。
はい、弱視の私が一番苦労したのが、これらのボタンの判別です。
見本写真を拡大して見たけど、よく分からず(汗)
検証の結果、どうやら外側のパーツは、親ボタンも子ボタンも同じ様子。
異なるのは内側の、噛み合うパーツらしく。
最終的に行き着いた判別方法は、「実際にはめてしまう」というものでした。
これでとりあえず、パーツ選択はクリア。

説明書がちっとも分からなかったけど、以降の操作は簡単で、ハンディプレスにボタン(外側)が 収まる位置があるので、そこにセットして押すだけでした。

付けてみた:(1)枕カバー

スナップボタンを枕カバーにつける

ガーゼ手ぬぐいと、普通の手ぬぐいを縫い合わせて作った枕カバーですが、入れ口にスナップボタンを 付けてみました。
目打ちで布に穴を開けて、ボタンの外側のパーツの突起を穴に通し、内側パーツをかぶせてプレス。
これだけの手間で出来ちゃいました。

我が家には大量の布があるので、この要領で枕カバーやクッションカバーを作れば捗りそうです。

枕カバーの入れ口が、スナップボタンで閉じた

付けてみた:(2)ポーチを連結

ダイソーの買ってよかったポーチ

百均ダイソーで購入した、色違いの半透明ポーチ。
Bag in Bagとして使っていましたが、今まではクリップなどで二つをつなげていました。
それを今回、スナップボタンでくっつけてしまいました!

ダイソーのポーチを連結して、バッグインバッグに

2つのポーチがずれないよう、合わせた状態で目打ちで2つ同時に穴を開けました。
あとはボタンの外側と内側を間違えないように気をつけるだけ。
もちろんスナップなので、簡単に外すことが出来ます。

ダイソーのポーチを連結して、バッグインバッグに

付けてみた:(3)自作の杖袋に

レスポのバッグを解体して作った、折りたたみ白杖を入れる袋。

記事はこちら
白杖(折りたたみ杖)を入れる袋を作った

適当に作ったため、サイズが短くて屈んだ時などに袋から白杖が飛び出すことがあります。
なので、この杖袋にもスナップボタンを付けてしまいました。
サイズがギリギリなので、スナップボタンの位置もギリギリ。

折りたたみ杖ケースにスナップボタンを付けた

これでもう飛び出すこともないでしょう。

今後も色々なアイディアで使っていく予定です。
またレポートします。