老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

縫わずに手提げバッグを作成

家の中
関連ページ
裁縫:縫わない

たまたま見つけた「裁ほう上手」

凸シール

いつもAmazonで買い物をしていますが、ある時たまたま見つけた「裁ほう上手」。
ボンドで有名なコニシの製品で、商品レビューも沢山、そしてその評価がとても良いので気になっていました。
でもあまり裁縫はしないし、するにしても縫い目のガタつきなど気にせず縫ってしまうので、必要とする 機会がなかなか無く。
でも送料無料にするために何か買い足さなきゃという機会があり、ついに購入しました。

この「裁ほう上手」は、公式サイトでは
マルチバッグ、巾着バッグ、ポーチ、リコーダー入れ、ブックカバー、ティッシュケース、リボン&シュシュ、ペットボトルケース、裾上げ
などのレシピが紹介されていて、色々作れそうな感じ。
私はまず、手ぬぐいを使ってA4サイズのパンフレットなどが入る手提げを作ることにしました。

初めての「裁ほう上手」手提げ製作

イベントなどの会場で、A4サイズのパンフレットなどを入れる嵩張らないバッグが欲しいと思っていました。
市販品は、なんだかんだと嵩張るし、エコバッグは大きすぎるし形が合わない。
なので自作しようと思いました。
布はRAAKで購入した手ぬぐい。お気に入りの1枚です。

使い方は
(1)くっ付けたい布地の両面に塗る(付属のヘラで平らにのばす)
(2)布地を貼り合わせて、アイロンの中温で接着(当て布が必要)
(3)冷めるまでそのまま動かさない
という感じ。

もともと説明書などを読まないタイプなので、バッグの作る手順も良く分からぬまま適当に開始。
本来なら縫い代になるであろう部分をアイロンで折って癖付けし、そこに「裁ほう上手」を塗って 接着しました。

凸シール

なにしろ手ぬぐいは薄いので、ボンドがはみ出たり滲み出ることは想定内。
アイロン台やアイロン、布地の他の部分に付かないよう、別布や紙をはさんだり当てたりしつつの作業でした。
持ち手まで作るのは面倒だったので、何か無いかと考え、ショップバッグの持ち手の紐を使うことにしました。
ちょうど良い感じの赤がありました。どうでも良いでしょうがPUMAのバッグです。

凸シール

このように、持ち手もボンドで接着しています。
縫い代に巻き込んでいるので、接着部分は二重になる感じ。

出来上がりはこのようになりました。
柄と色のおかげで、可愛いバッグができました。

凸シール

難しかった点

「はみ出すのは想定内」と書きましたが、本当に「はみ出し&染み出し」がかなりあり、当て布として使った他の手ぬぐいを一枚ダメにしてしまいました。ボンドがたくさん付いてベタベタになってしまったのです。
また、両面に塗布する必要があるため、塗布後のそれぞれの面をピッタリ重ね合わせるのが難しく、持ち直したり置き直したりするうちに指もボンドでベタベタになりました。
瞬間接着剤とは異なり、すぐに手洗いをすればかなり落ちるので大丈夫なのですが、作業中のことなのでこれには困りました。
今考えると、いきなり全面に塗って貼ろうとしたのが間違いかと思います。
スマホ画面の保護シールも、湿布も、いきなり全面をは貼らないですよね。
端の一部だけ先に貼り合わせて、次に残りの部分にボンドを塗って貼り合わせた方が、うまくいったかも。
次回の課題です。
この点では、裾上げの方が貼り合わせ位置がずれにくいので、簡単かも知れません。

また、製品の説明書にきちんと目立つ色で「接着できないものー薄手の生地(シミの原因になります)」と書かれているように、手ぬぐいのような薄い生地ではなく、一般的な生地の方が接着に最適なのだと思います。

ともかく、途中で小さなトラブル(手がベタベタ)はありましたが、無事に作ることができました。
小さい方のサイズのものを購入しましたが、まだほとんど減っていないので、この便利さを生かして有効活用していきたいと思っています。

rakuten.co.jp