老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

イヤフォンの左右

家の中

イヤフォン(イヤホン)の左右

イヤフォン(イヤホン)の左右。
リモコンが付いている場合は簡単に左右がわかりますが、 そうでない物は装着するまで分かりづらい。
目が良かった頃は、難なく小さなLとRが見えたけれど…

そこで私は、こんな工夫をしています。
老眼の人にも便利なのではないかと、自負しております!

工夫1:イヤホンカバー(ピース)の色を変える

右耳に青、左耳に黄色のシリコンカバーをつけたイヤホン

上写真はシリコンのイヤホンカバー。
私は6色セットのイヤホンカバーを購入して 好きに組み合わせて使っています。
色の違いで左右の区別がすぐ分かるだけでなく、好みの色合わせにすることで気分もあがります。

こちらはイヤフォン自体が赤いコードなので、カバーは黒と白にしてみました。

右耳に白、左耳に黒のシリコンカバーをつけたイヤホン

シリコンの前はスポンジタイプのものを使っており、その時も左右の色を変えていました。
百均ダイソーで[黒・赤・青]のセット品を、他の百均で白を購入し、組み合わせて使っていました。

色々な色のイヤーピースとスポンジカバーの写真

左がシリコン製のピース、右が百均のスポンジのカバー。

「イヤホンが耳から落ちない」という点ではどちらも良いのですが、スポンジ製は装着が大変 (もともとこの形のイヤホン用では無いし…)ことと、劣化があまりにも早いので、 最近ではシリコン製を使っています。

ちなみに見つけやすいように、透明の小さなケースに収納しています。

角に丸みのある立方体の透明ケースに、イヤーピースとスポンジカバーを収納している写真

工夫2:テープで目印をつける

イヤフォンの右側に赤いビニルテープを貼った写真。

こちらは家の中で使っている物で(なので外見がすごいですが)、 右側に見ても触っても分かるよう、ビニルテープを付けています。
外で使う場合は、例えば細いおしゃれなマスキングテープを小さく付ければ、 可愛いのではないでしょうか。
可愛いのがダメなら、ネイビー×白の細いストライプとかもオシャレそうです。

テープ類の粘着は、月日とともに劣化して落ちにくくなるので、 時々新しいものに貼り替えた方がきれいに使えます。


私が購入して使っている、シリコン製のカバー