老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

クリアフォルダーの工夫で書類を見つけやすく

家の中

ペーパーレス時代を迎えつつも、まだまだ紙の書類はたくさんあります。
目が悪くて文字が見えないと、探すのも一苦労。
百均のクリアファイルを活用して判別しやすくすると、効率が上がります。

方法1:色違いのクリアフォルダーを使う

Can Do(キャンドゥ)の5色セットが良い感じ

5色のクリアフォルダー 百均

上の写真は、百均キャンドゥで見つけた5色セットのクリアフォルダーです。
(それぞれ白い紙を入れた状態で撮影しています)
私が探した限りでは、Amazonなどインターネットで購入できる多色セットのクリアフォルダーよりも5色それぞれの色の違いがはっきりしている点が素晴らしいのです!
目が悪いと、黄色と黄緑だとか、水色と黄緑だとかの判別が難しい場合もあるので。

パッケージはこんな感じ。

キャンドゥ 5色のクリアフォルダー

色の識別がしやすいだけでなく、統一感のあるスモーキーカラーで、色のセンス的にも素敵で気に入っています。

この色違いを利用して、書類を種類ごとに分けて入れれば、中身を見ずとも「領収書関係はこれ!」と見つけることが出来ます。

方法2:色柄違いのテープを貼って判別

クリアフォルダにマスキングテープ

すでに大量のクリアフォルダを持っていてそれを使いたい場合は、色違い・柄違いのテープを貼り分けることで簡単な目印に出来ます。
可愛いマスキングテープだと気分も上がります(笑)

方法3:テープの貼り方で判別

クリアフォルダーにテープを貼る

例えば上画像のように、貼るテープの本数や位置を変えることでも、判別が簡単になります。
この方法の利点は、薄暗くて全然見えない時も、手触りで選び取れるということです。
マスキングテープも良いですが、色のくっきりしたビニールテープもおすすめです。

応用

最初に5色セットのクリアフォルダーを紹介しましたが、実際には5種類では大雑把な分別になり、そこからさらに探すのが大変な場合もあるかもしれません。
そのような時は、色違いの[クリアフォルダー+テープ貼りわけ]を組み合わせると、大分別・小分別が出来ます。

クリアフォルダーにテープを貼る