老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

お風呂の詰め替え容器を見やすくアレンジ

家の中

白っぽい浴室に白っぽい物は見えにくい

浴室の色調によるとは思いますが、我が家のお風呂は床をはじめ白っぽい部分が多いので、 白っぽいものを落とすと見つけるのが大変です。
そして、詰め替え容器も白っぽいものが多い。

ちなみにこれから紹介するアイディアは、入院時の持ち物にも使えます。
もともとは入院中のシャワー時に、容器を落として探すのに苦労した経験からのアイディアです。

塗ってしまう

百均の半透明の小さな詰め替えボトルに、赤いマニキュアで太い横線を3本書いた写真

上の画像のように、はっきりした色で模様を付けたり、文字を書いたりしてしまうのです。
油性ペンも使いますが、今回はマニキュアを使ってみました。
ちなみに除光液で落とすタイプではなく、乾いたら剥がせるマニキュアです。これも百均。
透過性ゼロの真っ赤が、良い感じに目立ってくれます。

少量ボトルなら、ビニールテープでも

百均の半透明の小さな詰め替えボトルに、赤いビニールテープを縦長に貼った写真

ビニールテープも色がくっきり見やすい点が良いです。
ただし、長期間浴室に置いていると、貼った境目に汚れがたまってきたり、 テープが剥がれてしまったりするので、早めに使い終わる小さな容器向けの方法です。

関連ページ
ビニールテープ、シール、マニキュアで目印