老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

家の中の安全対策:ドアノブカバー

家の中

ドアにぶつかる理由

目が悪くても、慣れた自宅の中は比較的安全なはず。
ずっと過ごしてきた自宅で、どうしてドアノブにこうもぶつかるのか…?
ちゃんと理由はありました。

ドアがいつも壁にぴったりくっ付いているわけではなく、開けた時/閉めた時の後や、風などで 動くから。
(私がおっちょこちょいなわけでは無かった!)

時に、強打して何日も痛みが残ったり、手に力が入らなくなったり。
そんな私の姿を見て、母が手編みでドアノブカバーを作ってくれました。

手編みのドアノブカバー

カバーひとつ付けただけで、ぶつかった時の衝撃や痛みが驚くほど違います。
こりゃ有難いです。

カバーがくるくる回っちゃう?→裏技で解消

ところが、ドアノブカバーを付けてドアノブを回そうとすると、カバーだけがくるくる回って すべっちゃうんです。
そこで、百均で買った滑り止めマットを適当に切って適当にドアノブに巻き、その上からドアノブカバー を付け直してみました。
(かぶせる時は少し難しいけど、無理やり突き進む)
そうしたら完璧!
カバーは全く滑ることなく、余計な力を使うこともなくドアを開けられるようになりました。