老眼、目の病気、弱視など
様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

見えにくさの対処法 ワイド
トップページ

新着情報

「弱視独女のあれこれ」から、「見えにくさの対処法」にサイト名を変更しました。
内容も整理・改善・追加しつつあります。

このサイトについて

老眼や目の病気、視覚障害(弱視 ロービジョン)など。
あらゆる「見えにくさ」に対処する様々なアイディアや情報、その実践レポートなどを紹介します。
メニュー項目は、ページの上部にあります。

著者について

名前:ロービジョ子
関東在住のフリーランス。
10代で目の病気になり、回復して普通の生活を送るも、30才過ぎに再発。
病気や薬の影響で白内障も併発し、両眼とも手術を受ける。
その眼内レンズにより、遠視&ピント調節能力ゼロという老眼大魔王のような視力にいきなりなる。
持病の方も緩慢に悪化し、現在は矯正視力が0.02前後の弱視(ロービジョンン)。
白内障、視神経炎、網膜血管炎、脈絡膜炎、網膜剥離などを経験済み。

サイトを作った目的

目の病気の悪化が緩慢で、少しずつ「出来なくなったこと」が増えていきました。
当時、病気に関する相談場所はあったけれど、見えなくなったことに関する相談場所が、私の周りにはありませんでした。

「失った物事をどうにかして取り戻したい」という思いで、当時も今も常に考えています。
そうして集めたアイディアや情報を発表したくなり、サイトに書くことにしました。
前述の通り、30代にして老眼もバッチリ体験しているので、老眼の方の参考にもなるような情報もたくさん載せたいと思っています。