老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

目印シールでブラインドタッチ

ITは味方だ

ブラインドタッチ→タッチタイピング

「ブラインドタッチ」は差別用語にあたるから「タッチタイピング」というのが適切。
…と知ったときは
「じゃあ『ラブイズブラインド(有名曲のタイトル)』はどうなんだ」
「じゃあ窓のブラインドはどうなんだ」
と思ってしまった私です。

「障害者」を「障碍者」「障がい者」と記述するようになった時と同じく、 「問題はそこじゃない」と思うのですが、以後は大人しく「タッチタイピング」と表記します。

強制的タッチタイピングな環境

中心視野が欠けている私は、離れれば離れるほど”見えない穴”が大きくなるので、 近ければ近いほど見えます。
パソコン画面も通常の位置では見えず、アームなどを使って目の前大接近な位置にしています。
すると、体の構造上、キーボードはパソコン画面よりも向こう(奥)に置くことになります。
従って、強制的タッチタイピングな環境なのです。

ならば触って判別だ

というわけで、「ここだ!」と自分が思うキーに凸シールを貼って目印(触印)にするわけですが、ここで歴代の凸シールを紹介させていただきます。

シールを貼っている、別のキーボード

初代凸シールは、百均ダイソーでたまたま見つけた、ポップで可愛い物を使っていました。


キーボード 凸シール セリア 百均

上写真2代目も百均の凸シールですが、こちらは比較的最近のセリアで購入した物です。
セリアのハンドメイドコーナーでは、色々な形・大きさ・質感の凸シールがあり、とてもオススメです。
見た目もキレイですが、とにかく多種多彩なのでシールの触感の違いで、より間違わずにキーを押せます。


キーボード 凸シール 3M

こちらは3Mのしっかりつくクッションゴム(8x2mm 台形)です。
百均のキラキラも気に入っていましたが、もっと開拓したくなり、探して選びました。
本来はドアや扉のぶつかりなどを緩和するためのゴムなので、用途が大いに間違っているのですが、なかなか良いですよ!
先に円形を買ってしまったのですが、そちらは指に「点」で当たる感じで良くなく、こちらの台形型で落ち着きました。
目立たずスマートに行きたい方はこちらの方が良いでしょうね。
ただし「ゴム」なので、滑りは悪いです。(滑っちゃイケナイ製品なので)


キーボード 凸シール

そしてこちらが最新版。
上記3Mのシールも(もったいないので)残していますが、下の丸く囲んだ部分のシールが最新版です。
写真を撮るのが難しいくらい(弱視だからかもしれないけど)、小さくて目立ちません!
これは、まさに「触る目印」専用のシールで、日本点字図書館など視覚障害者向けの商品を扱っているところで販売しています。
私は視覚障害者向けのイベント時に購入しました。
もちろん、普通のオンラインショッピングのように、誰でも購入することが出来ます。

このシールについては
キーボードの目印に「透明凸点シール」を購入
でも書いているので、併せてご覧ください。