老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

視覚障害とiPhone/iPad(0)どんな機能がある?

ITは味方だ

どんどん進化するアクセシビリティ

誰もが使いやすい機能。
馴染みのある言葉で言えば、「バリアフリー」に近いでしょうか。

アップルのホームページでは、
「すべての人が使えるように」
という言葉が使われています。

その言葉の通り、iPhoneやiPad(Macも)では、視覚、聴覚、身体機能 をサポートするアクセシビリティがどんどん向上しています。
私ももちろん使っています。

今まで何気なく使っていた視覚サポートの色々な機能を、自分自身の再勉強も兼ねて、ひとつひとつ じっくり見ていきたいと思います。
このページでは概要を、以降のページでは各機能の実際を見ていきます。

iPhoneの視覚サポート

iOS11(2018年夏現在)では、次のような視覚サポートメニューがあります。

視覚サポートだけで11種類もあります!
これって本当にすごいこと。
福祉機器じゃなくて、世界中の健常者が使っているスマホなのですから。
「すべての人が使えるように」の言葉通りです。

iPhoneもiPadも、同じです。
まず、「設定」アプリをタップ(タッチ)します。

設定アプリ

下画像左のように、もし左上に
<〇〇
というのが出ていたら、そこをタップします。
一回から数回タップすることで、左上の<〇〇 が無い状態になります(下画像右)

設定アプリ

その状態で少し下に行くと、「一般」というメニューがあるのでタップします。(下画像左)
開いた一般メニューの中に、「アクセシビリティ」のメニューがあります。(下画像右)

設定アプリ

この「アクセシビリティ」の中に、上で挙げた様々なサポート機能のメニューが あります。
次項から、ひとつずつ丁寧に見ていこうと思います。