老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

視覚障害とiPhone/iPad(3) ズーム機能

ITは味方だ

絶対便利なズーム機能

アクセシビリティ ズーム機能

iPhone、iPadの視覚サポート機能は、どんな機能がある? で書いたように現在11種類あります。
このページではズーム機能について書きます。

このズーム機能は、いつでもどこでも有効で、あらゆるアプリの使用中も、ロック中の画面でも使えます。

シンプルに使えてとても便利ですが、設定メニューに色々な項目があります。
以下、
・オン/オフ
・カーソルに追従/スマート入力モード
・コントローラ
・ズーム領域/ズームフィルタ/最大ズームレベル
について、一つずつ見ていきます。

ズーム機能の設定1:オン/オフ

上の画像の「ズーム機能」を選択すると、まず「オンかオフか」を選びます。

iOS11(2018年夏現在)の時点では、この「オン/オフ」の下に説明が書いてありますが、 これを実践してみると次の動画のようになります。

動画では、まず3本指でダブルタップ(トントン)し、拡大しました。
次に3本指を画面に乗せて上下左右に動かして、画面内を移動しました。
その次に倍率を変えるために、3本指でダブルタップしたまま離さずに(トントーーーン) 画面上に指をすべらせました。
*(「トントーーーン」の「ーーー」の部分ですべらせている)

しかし、この3本指を揃えて操作するのが難しいという人は多いようで、 指が揃っていないために正しく認識されず、うまくズームが出来ない場合も。
そのような場合は、「設定:3」で説明するコントローラを使うのも手です。

ズーム機能の設定2:カーソルに追従など

ズーム機能のオン/オフ画面で、次に出てくるメニュー(2018年夏現在)では、
・カーソルに追従
・スマート入力モード
というのがあります。
これは、メモその他で文字入力をする際に関係してくる機能です。

まず、「カーソルに追従」をオンにすると、文字入力の際の ”今入力している部分(=カーソルがある部分)”が、常に画面の中央付近に来るように 調整されます。

スマート入力モード」をオンにすると、文字入力の際にこのズーム機能で拡大した際も、 キーボード自体は拡大されないので、常にキーボード全体が画面に収まることになります。

下の画像は、左側がスマート入力モード=オフ、右側がスマート入力モード=オンの様子です。
赤い点線で囲んだ、キーボード部分を見比べてみてください。

どちらもスーム機能で画面を拡大中ですが、右側はキーボードは全体が収まっています。
左側のようにキーボードまで拡大してしまうと文字入力が大変なので、個人的にはこの 「スマート入力モード」はオンにしておくことをお勧めします。

ズーム機能の設定3:コントローラ

次に出てくるメニューは、「コントローラを表示」です。
これを使用すると、上記の3本指操作が難しい人も、1本指でズームを操ることが出来ます。

このメニューは、
コントローラ表示のオン/オフ
オンの場合の、コントローラ表示の色の濃さ
があります。

下画像の左側の赤丸で囲んだものが、表示されたコントローラです。
そしてこのコントローラに触ると、下画像右側のメニューが出てきます

iPhoneズーム機能 コントローラ
コントローラ メニュー
拡大 タップすると拡大する
区域を選択 拡大する領域を、一定の枠内(ウィンドウズーム)か、全体(フルスクリーンズーム)か を選択
フィルタを選択 なし/反転/グレイスケール/グレイスケール反転/低照度
コントローラを非表示 ここを選ぶと、コントローラは消える
一番下のスライドバー ズームの大きさを決める
レンズのサイズを変更 *「ウィンドウズーム」選択時に表示されるメニュー。
ウィンドウ(枠)の各角と角辺に丸が付いて表示され、この丸部分を動かす ことで、枠の大きさを好みに変えられる

コントローラの操作のしかた

コントローラをダブルタップ(トントン)すると、上記のスライドバーで設定した大きさに ズームします。
ズームした状態でコントローラをドラッグ*(ツーッ)すると、画面内を移動します。
(この動作の際、コントローラは少し大きく表示されます)

また、ズームしていない状態でコントローラをドラッグ*(ツーッ)すると、コンローラの場所を 移動出来ます。

ズームしている状態でも、コントローラを長押しすると、コントローラの場所を移動出来ます。
(*ドラッグは、画面に置いた指を離さずに、そのまま画面の上をすべらせる動作)

以上の動作を、動画にしてみました。
動画では分かりづらいですが、すべて指一本での操作です。


ズーム領域その他

ズーム領域

ここまで写真や動画で挙げたズームは、「フルスクリーンズーム」 と言って、画面全体を一律に拡大する方法でした。
もうひとつ「ウィンドウズーム」と言って、画面の中に枠が表示され、その 枠の中だけを拡大する方法があります。

このフルスクリーンズーム/ウィンドウズームのどちらにするかを選択するのが、「ズーム領域」 のメニューです。

ズームフィルタ

上記コントローラでも出てきた、
なし/反転/グレイスケール/グレイスケール反転/低照度
を選択できるメニューが、ここにもあります。

最大ズームレベル

1.2倍から15倍まで。
一番上で書いた3本指での操作に慣れると、最大の15倍に設定しておいて、実際のズームは 3本指ダブルタップ&ドラッグ(トントーーーン)のドラッグ時に好みの大きさに調節 できるので便利です。

見え方や、ご自身のコントロールのし易さなどに合わせて、ちょうど良い値を決めるのが良いかと 思います。