老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

iPhone/iPad コントロールセンターとホームボタン

ITは味方だ

iPhone/iPadのアクセシビリティを、より簡単に使いやすくするために、 コントロールセンターやホームボタンを併用すると便利です。
ここではそれらの設定の仕方などを説明します。

コントロールセンター

コントロールセンターは、画面の下端から上に向かって、一本指でツーッとなぞると 出てきます。
何をセットするかで、表示される項目が変わりますが、こんな感じのものです。

iOS コントローラ画面

設定すれば、ホーム画面やロック中の画面だけでなく、アプリの使用中でも「ツーッ」と なぞるだけで、コントロールセンター画面を呼び出せます。
例えば、テキストサイズをその都度最適な大きさにする、などの使い方が出来ます。

設定の仕方

「設定」アプリを開きます。
もし下画像左のように、左上に
<〇〇
というのが出ていたら、そこをタップします。
一回から数回タップして、左上部分が空白に(下画像右)なるようにします。

設定アプリ

この状態が「設定」アプリの、いわば「幹」の部分です。
ここから色々なメニューに枝分かれして行きます。

さて、ではこの「幹」の中から、「コントロールセンター」メニューを探してタップします。

コントロールセンターメニュー

コントロールセンターには2つのメニューがあります。
まずは「App使用中のアクセス」をオンにします。
これによって、どのアプリケーションの使用中でも、コントロールセンターを表示できます。

もう一つの「コントロールをカスタマイズ」をタップすると、コントロールセンターに 表示させる項目が出てくるので、必要なものを選びます。

コントロールセンターで表示できる項目

見えにくさ対策に関係するものは、

などでしょう。
上記リストの中で下線が付いているものは、別のページで説明しているので、併せてご覧ください。

ホームボタン

ホームボタンのトリプルクリック(カチカチカチと、3回素早く押す)でも、視覚サポートの 機能を呼び出すことが出来ます。
下の画像は、ホームボタンをトリプルクリックした様子です。
(私は文字を大きく設定しているので、このような表示になっています)

ホームボタンの設定

設定する画面は、下画像のように
「設定」アプリ→ 一般→ アクセシビリティ→ ショートカット
と進んで行くと出てきます。

ホームボタンの設定

(注)「一般」(上画像の左から2つめ)の中にもホームボタンというメニューがありますが、 これは本件とは違います。

ここで設定できるもので、見えにくさ対策に関係するものは

などでしょう。
上記リストの中で下線が付いているものは、別のページで説明しているので、併せてご覧ください。