老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

視覚障害とiPhone/iPad(9/11)ボタンの形

ITは味方だ

ボタンの形の設定はここにある

設定アプリからボタンの形のメニューまで

「ボタンの形」は、
設定アプリ → 一般 → アクセシビリティ
の中にあります。
(この手順はアクセシビリティ設定はここにあるで 詳しく説明しています。)

ボタンの形 オンとオフ

オフは初期設定の通りなので、いつもと同じ見た目です。
ボタンの形をオンにすると、下画像のようにボタンに下線が付きます。

設定アプリからボタンの形のメニューまで

もしかすると「へ?」と思うかもしれません。
画像で例に挙げた「<一般」という部分、現在のOS(iOS11)ではシンプルに
「<」と「文字」だけで書かれています。

しかしこれはボタンであり、かつては

以前のOSのボタンUI

このようなデザインだったこともありました。

恐らく、こういうデザインの場合に見えにくい人のために、ボタンの形を[ボタン名+下線] というシンプルな物に変えられる機能なのではないかと思っています。
そして今はたまたま、文字だけのシンプルなボタンなので、この「ボタンの形」のオン/オフ の違いが下線の有無だけになっているのだと思います。
今後、OSのバージョンが変わってデザインが変更されたとき、改めて確認できることでしょう。