老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

パソコン画面を簡単に拡大する方法

ITは味方だ
1:解像度
2:解像度を変更する方法
3:画面の前に拡大レンズを設置

1:解像度

解像度を下げると、画質は下がるものの、画面のすべての物が大きくなります。

Macの解像度を上げる
高解像度
Macの解像度を下げる
低解像度

上の写真は、同じ画面のまま
右:解像度を上げたところ(本来の環境)
左:解像度を下げたところ(私の普段の環境)
の様子です。

低解像度にすると、Webブラウザ(インターネットホームページ)の画面だけでなく、デスクトップ上のアイコンや、画面上端の表示など、すべてが拡大表示されます。

Macの解像度を上げる2
高解像度
Macの解像度を下げる2
高解像度

こちらも同様の解像度変更。
Webブラウザの表示自体が、こんなに違います。

ただし上にも書いたように、解像度を下げると画質も下がるので、鮮明さが劣ります。
ある程度目が良いと、この鮮明さの劣化のせいで逆に見えにくく感じるかもしれません。

2:解像度を変更する方法

*解像度を変更する前に、元の解像度を覚えておいてください。

解像度変更:Macの場合

システム環境設定 >ディスプレイ >解像度ー変更

解像度変更:Windowsの場合

Windows7の場合

スタート >コントロールパネル >デスクトップのカスタマイズ >画面の解像度の調整


Windows10の場合

スタート >設定 >システム >ディスプレイ >解像度

3:画面の前に拡大レンズを設置

いわゆる「ルーペ」とは少し異なる、フレネルレンズというものがあります。
軽く薄く、様々な大きさや形のものがあり、価格も比較的安価。
例えばA4サイズならば1000円弱〜1000円台前半くらいの価格帯です。

パソコンの画面がそれほど大きくないならば、画面前にこのフレネルレンズを置くことで、拡大することが出来ます。

パソコン画面にフレネルレンズ

上の写真は10年くらい前、目が悪くなり始めた頃に、14インチのノートパソコンの画面の前にフレネルレンズを置いていた時のものです。
左半分が、レンズ越しの画面。

画面とフレネルレンズの間には隙間が必要で、ぴったりくっ付けてしまうと拡大はされません。
ルーペも(置き型ルーペ以外は)対象物にくっ付けず、少し距離を開けますが、それと同じです。

私は当時はフレネルレンズとスタンドがセットになった物を購入・使用していましたが、器用な人ならばフレネルレンズ単品と、それをセットする何かを自分で組み合わせて、リーズナブル且つ使いやすく作れるのではないでしょうか。
フレキシブルアームのように、動かすことが出来るものの方が良いですが。

ただしフレネルレンズは、いわゆるルーペに比べると
・倍率が低い
・像のクリアさに欠ける
・やや暗い
・劣化が早い
などの欠点もあるので、ある程度見える人向けだと思います。
(老眼の両親は便利そうに使っているので、老眼やごく軽い視力障害なら十分見えると思います。)

大きなフレネルレンズの一例

A4サイズ

*A4サイズは複数のメーカーが出しています

 rakuten.co.jp

A3サイズ
 rakuten.co.jp

ビッグアイシリーズ

以前私が使っていたのは、このビッグアイシリーズ。
当時購入したものは、下画像の角型フレネルレンズとスタンドを組み合わせたものでした。
今は同じものはなく、スタンドタイプはLEDライト付きになっています。
とても頑丈なスタンドでしたが、スタンドだと置く場所が必要。
同シリーズでアームタイプもあるので、アーム設置が出来るのなら、その方が良いかもしれません。
ちなみにこのシリーズは、土台(スタンドかアーム)と、各レンズを自由に組み合わせることが出来ます。

レンズのみ(私が使っていたのと同じレンズ)

 rakuten.co.jp

アームとセット

 rakuten.co.jp