老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

スタンドルーペの実際

読む・書く

大型フレネルレンズをパソコン画面拡大用に使っていた

パソコン画面の半分をフレネルレンズで拡大した写真

目が悪くなり始めた頃、パソコンはノートブックを使っていたのですが、その画面を拡大するのにスタンドルーペ(フレネルレンズ)を使っていました。
上の画像は当時のもので、パソコン画面の半分をフレネルレンズで拡大した状態のものです。
当時はビッグアイという製品のフレネルレンズ+スタンド、という組み合わせを購入したのですが、現在はどう製品は無く、アップデートしてLEDライト搭載になっています。
同タイプに、スタンドでなくアーム式の物もあり、レンズも選べるので、設置環境などが合えば便利に使えるかも知れません。 ただしフレネルレンズは見え方があまり良くないので、弱視、視覚障害には向かないと思います。

rakuten.co.jp

私が使っていたビッグアイの、現行版。

現在我が家にあるスタンドルーペ

Kenko フレキシブルスタンドルーペ

スタンドルーペの多くはレンズが高倍率ではありません。
なので弱視の私には倍率が足りず、私はほとんど使いません。
上の写真は、低価格&口コミがやたら良いので、親の趣味の手作業用にプレゼントしてみた Kenko フレキシブルスタンドルーペ

倍率:2.5倍、レンズ有効径:100mmで、レンズ材質はプラスチックとのことですが、たしかに口コミの良さが頷ける品質のように感じます。
土台が重いので、アームをどんな角度に曲げてもドッシリ構えてくれます。
弱視には倍率2.5倍は厳しいですが、そうでない人が手作業などにスタンドルーペを使うには、価格の面でも最適かもしれません。