老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

シートレンズの実際

読む・書く

カードのような薄いルーペ

本のページの間に挟んでおいたり、手帳のポケットに入れて置いたり。
そんな扱いができる薄いルーペもあります。
安価なフレネルレンズを始め、光学機器メーカーの技術の結晶のようなものもあります。

お手軽なフレネルレンズはサイズも形も豊富

大きなものを除いては、数百円で購入できるフレネルレンズ。
利点は安価、薄い、軽い、サイズや形の豊富さなどでしょう。
欠点は経年劣化が激しい、倍率が低い、レンズのクリアさが少なく 通常のルーペ に比べて暗い、などでしょうか。

私はカードサイズの物から、パソコン画面サイズのものまで試しました。

パソコンの画面半分を、フレネルレンズが拡大している写真

こちらはスタンドルーペの実際でも書いた、 ノートパソコン用に買ったビッグアイです。
画像はノートパンの画面で、左側がレンズ越しの見え方です。

本の一部をフレネルレンズで拡大した写真

こちらはもう覚えていないほど古いフレネルレンズ。
たぶんルーペ を購入した時の、お買い上げプレゼントなどでもらったものと思います。
扱いが雑だったせいもあり、劣化が激しいです。


本の一部をフレネルレンズで拡大した写真

こちらも古いものですが、当時は安価なフレネルレンズの中でも品質が良かった、 丸善のフレネルレンズ。
400円未満でしたが、視界もけっこうクリアで明るかったです。
老眼やごく軽い視力障害ならば、便利に使えると思います。
私は老眼の人にプレゼントしました。

薄いけどすごいルーペ

私は必要がなかったので購入したことがなく、紹介だけになりますが、 一流の光学機器メーカーならではの品質にこだわった製品もあります。

ダイアリールーペ

”一眼レフや医療用顕微鏡にも使われる回折光学技術を駆使した高性能ルーぺ” (公式サイトより)

倍率2.5倍、重さ約12gで、財布やパスケースなどにも入れられる薄型のルーペ 。
従来のフレネルレンズとは一線を画した薄型レンズです。

イージーポケット

本体の厚み6mmという薄さながら、LEDライトも搭載した薄型ルーペ。
無地・柄付き・スワロフスキーモチーフの複数種類がある3倍率製品と、 4倍の製品(シルバーのみ)があります。
レンズサイズはいずれも46mm×50mm。
レンズ材質はPXM光学樹脂で、フレネルレンズ(主にアクリル樹脂など) とは似て非なる全くの別レンズです。