老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

拡大読書器、電子ルーペ、iPad、iPhone

読む・書く

拡大読書器

拡大読書器の画面を撮影した写真

カメラで撮影した像を、モニタに映し出してくれる拡大読書器。
大きく分けて、据置型と携帯型があります。

据置型携帯型

機種によって色々ですが、据置型では40倍前後まで拡大できます。
また多くの機種が、白黒反転表示や、違うカラーでの表示などの機能も備えています。

多くの機種が、20万円前後の高価な製品。
ですが、視覚障害者認定を受けた人は、補助を受けて購入できる可能性があります。
(自治体によって異なります)


電子ルーペならお手軽

補助を受けて購入出来る場合は良いですが、そうでない場合は拡大読書器を買うのは高価で大変。
そんな場合、もっとずっと安価な電子ルーペを使うという手もあります。
これは携帯型拡大読書器に近いタイプの電子機器です。

電子ルーペ クローバー

上の写真は、視覚障害者向けの展示会でシステムギアビジョン(株)さんのブースで見せていただいた電子ルーペ、クローバー。
画面に大きくクッキリと映し出されているのは、新聞の文字です。
特に左側のクローバー3は、片手で容易に持て、ストラップでぶら下げることも出来るコンパクトさ。
私はこれがすごく気に入ってしまい、予算の都合さえ付けばすぐにでも購入したいと思っています。

rakuten.co.jp

iPadなどのタブレットを使う

iPadなどのカメラ付きタブレットをうまく使って、電子ルーペのようにすることも出来ます。
すでに持っている人ならば、何も購入する必要なく、簡易電子ルーペとして使えるでしょう。
私も使っていますが、字を見るだけでなく、爪切りなど日常の色々な場面で使えます。
電池の減りが早くなることだけがネックです。

iPadを拡大読書器のように使う方法は、
iPadを拡大読書器として使ってみる
で書いています。

iPhone+パソコン→大画面出力

iPhoneをWebカメラとして使えるアプリ(無料)を使い、パソコンとiPhoneを接続して、iPhoneのカメラで捉えた対象をパソコンのディスプレイに映し出す、ということも出来ます。
私はこれを主にメイク(化粧)の時に活用しています。(この場合は左右反転モードにして使います)
これはかなり便利で、色々と用途が広がりそうです。
別のページで詳しく書きたいと思います。