老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

ラボクリップの使用感想

読む・書く

唯一の生き残り、私の装着型ルーペ

これまで試した装着型ルーペが壊れて行った中、さすが高品質ドイツ製の頑丈な ラボクリップはビクともせずに健在です。

ラボクリップのケース、レンズ3種、クリップを並べた写真

ラボシリーズは

 ラボクリップ(メガネに挟んで付ける)
 ラボフレーム(メガネフレームタイプ)
 ラボヘッド(ヘッドバンドタイプ)

の3種類があり、それぞれ共通で付け替えられるレンズは
 1.7倍、2.0倍、2.5倍、3.0倍
の4種類の倍率。
ラボクリップとラボフレームは、さらに片眼用の
 4.0倍、7.0倍
のレンズもあります。

レンズも本体も単品購入ができます。
私は2.0倍と3.0倍と7.0倍を購入しました。

クリップにルーペ を取り付けた写真

クリップはこんな感じ。
3.0倍のレンズを付けたところです。
手前がメガネに挟む部分です。


メガネに装着した写真

メガネにつけるとこんな感じ。
軽さも重要なポイントとなってきますが、
レンズ+クリップ=約14〜22gという超軽量です。
そしてこのクリップから先(ルーペ)部分は、 上に跳ね上げることができるので、メガネに装着しておいて必要な時だけ ルーペ部分を下ろして使う、という使い方ができます。

さて、私は中心視野が欠けているためか、装着タイプのルーペはどうも合いません。
どっちみち読書などはできない視力なので、ピンポイント的な使い方をしています。

倍率2倍は、一時的な細かいPC作業などに。
倍率7倍は、細かい説明文などを見る時に。
3倍は私の視力と用途に合わず、出番がほとんどありません。
ただ、倍率については人それぞれ合うものが異なるので、上記は参考にはなりません。
PC作業も、私の場合は画面を目の前25センチくらいにセットしてあるので、 倍率2倍でピントが合うのです。

クリップ、フレーム、ヘッド…どれが良いのか?

私の場合はメガネとセットで使うため、ラボクリップを選びました。
収納がコンパクトなのも気に入っています。
メガネはたくさん持っていますが、どんなメガネでも普通に装着できます。

ただ鼻が低い者としては、鼻で支えなくて済むラボヘッドが楽なのかなとも思います。
また、ラボフレームは”メイクの時に使用している”という意見を見て以来、 その使い方に興味も抱いています。

ラボクリップ以外は、使ったことも実物を見たこともないのでなんとも言えませんが、 サイズのことも気になります。
ドイツ製だし男女兼用なので、小柄な日本女子には合わなそうな気もするのです。
実際、マックスディテールは私には大きくてフィットせず、 常に落ち着かない感じがありました。
その点、ラボクリップならばメガネに付けるだけなので、体格差のサイズは関係ありません。

ラボシリーズ