老眼なんかへっちゃら。見えにくさを補う、大人な目のためのヒント集。

調味料や食材の計量


しょう油やみりんを大さじ1と1/2だとか。
計量カップで80ccを測るとか。
見えにくくてこぼしたり入れすぎたりすると、やる気も失せてしまいます。
でも便利なグッズがあるので、うまく活用して料理を快適・合理的にしてしまいましょう

調味料ボトル

押すだけで10ccと15ccを出せる容器

Daiwa(ダイワ)の「さじかげん」は、上の◯部分を押せば約10ccが、下の◯部分を押せば約15ccが 出ます。
通常の「さじかげんM」(3色)と、しょう油用、酒用、みりん用の専用ボトルとがあります。
容量はどちらも360ml。

一皿分の醤油を出す

同じくDaiwa(ダイワ)の「おしかげん」。
醤油を入れて容器のてっぺんを押すと、小皿にちょうど良い3cc程度が出ます。
容量は約70ml。アイボリー、クリアレッド、クリアブルーの3色があります。

ちょっと一滴かけたい時に

こちらもDaiwa(ダイワ)の製品、プッシュワン。
ワンプッシュで約0.4ccが出る設計になっており、出し過ぎを防ぎます。
従来品のアイボリー、クリアレッド、クリアブルーの3色のほか、材質変更してお酢やラー油にも使える ブラックとホワイトも出ました。
プッシュワンSは約40ml、プッシュワンMは約47ml。

「だし」を片手でさっと一振り

またまたDaiwa(ダイワ)の製品、こちらはサッと一振りでお味噌汁4杯分の「だし」を入れられる 「だしかげん」。
ブルーとホワイトの2色があります。

見やすいメジャーカップ

見やすさに配慮した計量カップもあります。

メモリが大きな計量カップ


Amazon.co.jp

上画像はパール金属の「大きい目盛 耐熱計量カップ(200ml)」。
その名の通り、メモリが大きくクッキリして目立ちます。

20ml(cc)から200ml(cc)まで10ml(cc)刻みのメモリと、1CUPと1/2CUP、そのほか上白糖 と薄力粉用の50g/75g/100gの計量目安のメモリまで付いています。

同じシリーズで、500mlの計量カップもあります。

数字が大きい+αの計量カップ


Amazon.co.jp

こちらはマーナ (Marna)の「目盛りが見やすい計量カップ」。
目盛りというより、まず大きな数字が目につきますが、グッドデザイン賞も受賞している製品で、 良く見ると50mlごとにシマシマになっているので、より計量が分かり易いようになっています。
また、注ぎやすく液だれしにくいデザインになっています。

デジタルはかり(キッチンスケール)


Amazon.co.jp

こちらのタニタのデジタルクッキングスケールKJ-212は、文字高28mmという大きな表示。
計量物を乗せる部分のシリコンゴムカバーは、取り外して洗えます。
計量範囲は、0〜2000g。
シリコンゴムカバーは、ホワイト、レッド、ブルーの3色があるので、見やすい色を選ぶと良いでしょう。
(良く測るものの色との対比で)

キッチン温度計


Amazon.co.jp

ZACCARY'sの、文字幅1.1mmの大きな表示のデジタル温度計。
ホールドボタンがあって、測温を液晶画面に保持できる機能も便利。
測定可能範囲はー50℃から300℃まで。
電池はLR44を1つ使います。

関連

筆者のサイトの関連ページ