老眼なんかへっちゃら。見えにくさを補う、大人な目のためのヒント集。

財布の中が見えにくい


暗いと見えにくいのも、老眼の症状の一つ。
どうすれば支払い時にスムーズに楽に出来るか?
私の工夫を書きたいと思います。

色と開きで、小銭の見え方は異なる

黒い財布から、内張が薄く明るいピンク色の財布に代えた時。
「色が違うと、こんなにも見え方が異なるのか」
と驚いたものでした。
おまけに硬貨入れの部分がボックスタイプなので、大きく開いて光を最大限取り込むため、 さらに見やすくなったのでした。

見やすい財布

想像以上に、色と開口具合とで見え方は異なります。
新調する際は、それらの点もぜひ考慮してみてください。

もしくは仕切りのあるお財布を

上記の新調した財布の前の代の財布は、小銭入れも札入れも2つに分かれているものを使っていました。
これは私の財布選びの絶対条件でした。
小銭入れは、片側に百円玉と五百円玉、もう片側に十円玉と一円玉。
札入れは、片側に千円札、もう片側に一万円札。

これは弱視だからですが、見分けが大変なので、持ち歩くのは上記のものだけにして、5円硬貨、50円硬貨、 五千円札は財布に入れないようにしていました。
おつりなどで徐々に溜まる「5円、50円、5000円」は、ある程度溜まったら、空いている時間にATMに 行って預け入れをしてしまっていました。
また、どうしても「早くしなくちゃ」と、小銭でなくお札で払ってしまうことも多いので、硬貨がみるみる 溜まっていきます。
これも同様にATMに入れてしまいます。
(代わりに千円札と一万円札をおろします)

触って判別が出来る、日本のお金

たとえば硬貨に関しては、明らかに異なる1円玉と500円玉を除くと、以下のように 判別が出来ます。

5円硬貨 穴あり ギザギザなし
10円硬貨 穴なし ギザギザなし
50円硬貨 穴あり ギザギザあり
100円硬貨 穴なし ギザギザあり

見やすい財布

たくさんの硬貨を支払う時に一つ一つ指で確認していては間に合いませんが、1、2枚判別 する程度ならけっこう使える手段です。

カードを減らすのもアリ

整理術や節約の本を読むと、「ポイントカードは持たない」という教えが出てきます。
持たない方が節約にもなる、と。
「いやいや、そんなことは無いでしょう」
と思ったものですが、断捨離で徹底的にカードも減らしてみたら、確かにポイントやスタンプのことを 気にせず、必要な時にだけ必要な物を買うようになったので、無駄遣いが減りました。
なによりカードを探す手間が無くなったのが、1番のメリットでした。

とはいえ私の目的は節約ではなく「財布使用時のスムーズさ」だったので、ポイントを全て辞めた わけではなく、スマホのアプリに移行できるものは全て移行しました。
持ち物が増えないだけでなく、レシートに印刷されたポイント残高が見えない弱視としては、スマホで 拡大等すれば簡単にポイントがチェック出来ることも便利です。

関連

筆者のサイトの関連ページ


上に戻る
弱視独女のあれこれ
見えにくいすべての人に。最大視力0.03の私の全アイディア