老眼なんかへっちゃら。見えにくさを補う、大人な目のためのヒント集。

バッグの中が見えにくい


バッグの中って光が入りにくくて暗いから、老眼になると余計に見えにくい
目で探すのが大変ならば、あらかじめ小物たちの居場所を決めてしまうと便利です。

バッグinバッグを使う

いつも何を持ち歩いているか、どのくらいの荷物があるかは、ライフスタイルによって様々。
小物がゴチャゴチャある私は、こんなバッグinバッグを使って、物の定位置を決めています。

invite.L バッグインバッグ フェルト 正面
invite.L バッグインバッグ フェルト 上から

小さなポケットが、内側と外側にそれぞれ4つ。
それに入らない物は内側の空間に入れて、頑丈なスナップボタンを留めれば落ちにくい。
持ち手の所にも、カラビナなどで何かを付けてしまうことも出来ます。

色々試したバッグインバッグですが、これに出会ってからは満足して落ち着きました。
それまでは、いかにも「裏方」という作りの物が多く、たとえ機能が良くても「人に見られたくない」 と思うようなものばかりでした。
デザインが恥ずかしい等ではなく、いわば下着的で人に見せるものではないような感覚で。

これは多くのポケットや、フェルト素材ならではの適度な摩擦で物が滑り落ちにくいこと、 同じくフェルト素材なため自立してくれること、そして色やデザインがおしゃれなことなどから大満足で、 むしろ「見せたい」と思うほどです。

だいぶ前に購入して使い込んでいますが、たまに洗ったり、毛玉とりで整えたりしながら使っています。
このように、ケアしながら長く使えていることも気に入っています。

あまりに気に入ったので、小さいバッグ用に小さなサイズのbag in bagも買ってみました。

フェルト バッグインバッグの大小

しかし私の持ち物の形・大きさ・量に合わなかったので、今では部屋の小物入れとして 使っています。
また、2つを比べてみると、大きい方の薄い色合いの方がバッグの中でも見やすいことを 実感しました。

ちなみにフチに留めている赤いクリップのようなものは、これ。

ABITAXストラップと、ビクトリノックス

クリップタイプのストラップで、鍵やマルチツールを付けています。

バッグインバッグを買わずに代用する

ダイソーのポーチ

こちらは百均ダイソーで購入した、半透明のポーチ。
半透明って透明ほど見え過ぎず、でも透けて見えるし光も通して明るいので、弱視の私はイチオシです。
この半透明ポーチを、最近購入したスナップボタン ハンディプレスを使って、スナップボタンを 付けて連結しちゃいました。

ダイソーのポーチをアレンジしてBag in Bag

おまけに、ソフトタイプのクリアポットもスナップボタンで付けました。
薄く小さい物を入れる内ポケットのつもりです。

スナップボタン付けは、千枚通しで穴を開けて、そこにボタンを表と裏から当てて、プレスするだけ。
簡単になんでもくっ付けられるので、楽だし楽しいです。

スナップボタンを使ったレポート記事はこちら
スナップボタン+ハンディプレスで、縫わずにボタンつけ|弱視独女のあれこれ

中身を入れたところ。
良く取り出すものと、あまり取り出さないもの・大事な物とに分けて、それぞれのポーチに収納しています。
後者はファスナーを閉じてしまえば、落とすこともありません。

ダイソーのポーチをアレンジしてBag in Bag

関連

このページの関連グッズ

こちらのスカイ(色)を使っています。
類似品もたくさんありますが、各部分のサイズの比率や角の丸みやスナップの個性など、これが 一番オシャレなように感じます。

小さい方はこちらのプラム(色)を使っています。
マスタードとインディゴと、プラムで色選びに迷いました。
小さいので一層可愛く感じてしまいます。

ABITAXのクリップストラップ。
10色以上あります。
ABITAXは、これらストラップ類やタグライト が洗練されたデザインで大好きです。

マルチツール。
私はハサミ、ミニナイフ、爪やすり、マイナスドライバーの機能を持つシンプルな物を使っています。
特に外出時にハサミがあると、何かと便利です。


上に戻る
弱視独女のあれこれ
見えにくいすべての人に。最大視力0.03の私の全アイディア