老眼なんかへっちゃら。見えにくさを補う、大人な目のためのヒント集。

雨の外出が暗い


暗いと余計に見えにくくなる老眼。
雨の日は薄暗く視界も悪く、 下手すると気分まで暗くなってしまう。
少しでも明るく見やすく外出するアイディアを書きます。

傘ひとつで、こんなに違うとは

透明傘

ただなんとなく透明の傘を買っただけなのに、雨の日の見え方がこんなに異なるとは。
傘が透明だと、
・上からの光が入る
・視界を遮らない
・足元に影を作らない
という理由で、思いのほか明るいのです。

たまに近所に行くだけだから…と、家族の傘を借りて出かけると、やはり見えにくい。
「どうせ良く見えないのだから、何をしたってしょうがない」
なんて投げ出さずに、少しでも快適になるように工夫すると、変わります。
一つ一つの工夫は小さなものでも、小さな”快適”がたくさん集まれば、日々の生活は確実に心地良い ものになるのではないでしょうか。

透明傘。
安いビニール傘は、すぐに壊れてしまって、処分の手間もかかるしエコの点でもイヤな感じ。
もう少しだけ良いものを購入すると、使い心地も良く愛着も沸き、雨の日の気持ちも上がります。
私はワールドなどのファッションブランドのお店(オンラインショップ)で購入しています。
2000円くらいですが、楽しく明るい気持ちで使えるので、大切にしています。

また、長傘を入れる傘袋(3COINSで購入)にストラップを付けて肩に掛けられるようにし、 雨の日の手荷物を少しでも減らせるようにしています。
詳細はこちら。

 3COINSの傘袋にひと工夫 |弱視独女のあれこれ

関連

筆者のサイトの関連ページ


上に戻る
弱視独女のあれこれ
見えにくいすべての人に。最大視力0.03の私の全アイディア