老眼なんかへっちゃら。見えにくさを補う、大人な目のためのヒント集。

リモコン・スイッチ


リモコンのボタンや、家電のスイッチ。
字が小さ過ぎて見えません!
でも工夫することで、字が見えなくても
簡単に使えるように出来ます。

まずは把握

リモコンや、色々な電化製品のスイッチ。
文字が小さいですよね。
対策をするにも、まずはどれが何なのか、把握せねばなりません。

ルーペで見るもよし、スマホやタブレットで大きく映して(または撮影して)見るもよし。
私としては、説明書の「各ボタンの名称と〇〇」のようなページを拡大して見るのもオススメです。
白と黒だけでシンプルなので、見やすいのです。

そして対策 3つの方法

どれが何なのか把握出来たら、自分なりの目印を付けちゃいます。
例えば、オーディオ製品ならば[再生]と[音量(上下)]ボタンとか。
エアコンならば[風量]と[スイング(上下・左右)]とか。
よく使うボタンや、指標になるボタンに印を付けることで、操作がスムーズになります。

印1:マニキュアで塗ってしまう

リモコンに目印

ボタンの下に流れ込まないよう、上の面だけ軽くチョイチョイと。
(試す場合は、自己責任でお願いします。当方は一切の責任を負いません )

百均で剥がせるマニキュアを売っていることがあるので、私はそれを使っています。
上の画像の赤く塗った部分が、剥がせるマニキュア(百均ダイソーで購入)です。
乾くのに時間が掛かりますが、後から剥がせる(100%でなく、95%くらい)ので、 「引き返せる安心感」があります。
塗ることで、見た目でも印になりますが、触った感覚も変わるので、指先だけでも分かります。

印2:シールを貼ってしまう

スイッチに凸シール

上の画像は、DVDディスクドライブのOPEN/CLOSEボタンの側に、目印に凸シールを貼ったもの です。
滅多に使わないせいもあり、たまに使うときにボタンがどこだか探してしまっていたからです。
これで一発でボタンの位置が分かるようになりました。
使ったシールは、百均セリアで購入したもの。
デザイン的にも目立ちすぎず、かと言って実用度100%よりはオシャレ心もあって良いのではないかと 思っています。

印3:書いてしまう

ペンで書いて目印

美しい画像でなくて恐縮ですが、これはパソコン用ディスプレイの脇にあるスイッチ部分です。
それぞれに「MENU」だとか「ENTER」だとか文字が振られているのですが、私には全く見えないので、 自分で分かるように白いペンで書いてしまいました。
ペンは、百均セリアで買った白い太字マーカーです。

また、プリンタの用紙セット位置が分かりにくい機種だった時も、マーカーで書いて分かるように していました。



リモコンは見やすい物に買い換えるのも

見やすいリモコン

テレビやエアコンのリモコンは、大画面や大きな文字・数字など、見やすく作られているものが あります。
上の画像はエアコン用リモコンですが、下が元々のリモコン、上が今年購入した見やすいリモコンです。
色々なメーカーの色々な機種に使えるようになっているので、最初にボタンを何度か押して設定する 必要がありますが、それを済ませれば簡単に使えます。
テレビ用では千円を切るものもあり、それで毎日使いやすく楽に操作出来るのであれば、お得な買い物に 思えます。



関連

筆者のサイトの関連ページ


上に戻る
弱視独女のあれこれ
見えにくいすべての人に。最大視力0.03の私の全アイディア