老眼なんかへっちゃら。見えにくさを補う、大人な目のためのヒント集。

iPhoneを見やすく


iPhoneやiPadなどは、誰もが使えるように、
色々な設定が出来るようになっています。
もちろん老眼に便利な設定もあります。
以下は、iPhone7Plusを元に書いています。
機種によって異なる部分もあり得ることをご了承ください。
次ページのiPhoneの老眼に便利な機能もご覧ください。

「設定」アプリから行います

設定アプリ

はじめに、このページはiPhone7Plusを元に書いています。
機種によって異なる部分もあり得ることをご了承ください。

「設定」アプリは、iPhoneに最初から入っているアプリです。
上画像の、赤で囲んだアプリです。

これをタップすると設定のメニューが表示されますが、下画像の右側のように、画面左上に何もない 状態の時が「設定」アプリの最初のページです。

設定アプリの主幹

もし左側のように、画面左上に文字がある場合は、そこを1〜数回タップして、上画像右側のような 状態にしてください。
ここから、各メニューに行きます。

画面表示と明るさ

早速行きましょう。
「設定」アプリのメニューの中に、「画面表示と明るさ」というのがあります。

画面表示と明るさ

「画面表示と明るさ」の中のメニューで、
・明るさ
・文字サイズを変更
・文字を太くする
・拡大表示
を変えることで見やすくなります。

キーボード

設定アプリ →一般 →アクセシビリティ
と進むと、下の方に「キーボード」という項目があります。

画面表示と明るさ

「キーボード」を選択して、「小文字キーを表示」をオフにすると、キーボードの文字が大文字に なり、見やすくなります。

画面表示と明るさ


そのほか

以下の私のページでは、目が見えにくい場合のiPhoneやiPadの様々な機能の設定と説明を 書いています。
あわせてご覧ください。

iPhone/iPad 視覚サポート(0/11)どんな機能がある?
iPhone/iPad 視覚サポート(1/11) さらに大きな文字
iPhone/iPad 視覚サポート(2/11)文字を太くする
iPhone/iPad 視覚サポート(3/11)ズーム機能
iPhone/iPad 視覚サポート(4/11) 拡大鏡
iPhone/iPad 視覚サポート(5/11)スピーチ
iPhone視覚サポート(6/11)ディスプレイ調整
iPhone/iPad 視覚サポート(7/11) コントラストを上げる
iPhone/iPad 視覚サポート(8/11) 視差効果を減らす
iPhone/iPad 視覚サポート(9/11) ボタンの形
iPhone/iPad 視覚サポート(10/11) オン/オフラベル
iPhone/iPad コントロールセンターとホームボタン




上に戻る
弱視独女のあれこれ
見えにくいすべての人に。最大視力0.03の私の全アイディア