老眼なんかへっちゃら。見えにくさを補う、大人な目のためのヒント集。

顔チェックとメイク


新聞や本を読むのは老眼鏡を使えば良いですが、
自分の顔も老眼鏡越しだと、やはり何か違う。
メイクや顔チェックで苦戦し続けた弱視の私が
得た情報やアイディアを書いて行きます。

顔チェック

近くが見えにくくなる老眼では、自分の顔のチェックも以前より見えにくくなって来ますね。
老眼鏡越しだと、やはり何か違うのでは?
顔をチェックするにはどういう方法が良いでしょうか?

方法1:拡大鏡


Amazon.co.jp

ここでいう拡大鏡とは、ルーペではなく鏡のことです。
両面式で、片側は普通の等倍、もう片側が5倍や10倍などの拡大鏡になっているものが多いようです。
裸眼でもある程度大きな文字なら見える人ならば、有効だと思います。
百均にもありますが、鏡はある程度の品質がないと見えにくいので、避けた方が良いです。

方法2:スマホやタブレット

スマホやタブレット、デジカメなどで撮影してつくづく見てみると、自分の顔を客観的に見られる ことでしょう。
弱視の私も、スマホで撮影してパソコンの24インチディスプレイに大きく映し出すと、ある程度見えます。
頬の緩みに愕然として、フェイササイズなどの顔の運動に取り掛かることも。

また、鏡アプリも顔を拡大して映してくれるので便利です。
ただし正面のカメラに写ったものを画面に映すので、目線はまっすぐにはなりませんが…

方法3:プラス度数(遠視用)のコンタクトレンズ

老眼鏡は外さないと素顔が見えませんが、近くに焦点を合わせたコンタクトレンズならば、 そのまま素顔を見ることができます。
私も一時期プラス度数のコンタクトレンズを使っていましたが、老眼鏡では見えなかった自分の顔 (*弱視なので見え方が悪いためです)が、コンタクトレンズならばある程度わかりました。
同じようにピントを合わせる物だけど、やはり目に直接付けて見るコンタクトレンズと、目から数センチ 離して付けるメガネとでは、見え方が全然異なるのを感じました。
私は左右の目それぞれが「近くを見る目」「遠くを見る目」と分けて使うモノビジョンだったので、この 方法が最良でした。
遠近両用コンタクトレンズもありますが、そちらは使ったことがないので分かりません。

[新]方法4:Webカメラ(風)

スマホとパソコンを使って、スマホのカメラレンズで映しながらパソコンのモニタに表示する、という ことが出来ます。
私は無料アプリでこの方法を使っています。
詳しくは以下のページに書きました。

パソコン画面を鏡代わりに。大画面なら大きく見える!|弱視独女のあれこれ

メイク

老眼が進むと、老眼鏡をしない状態で細かいアイメイクなどがやり辛くなって来る方もいるでしょう。
「これが絶対便利!」という保証はできないのですが、目から距離のある装着型ルーペを付ける ことで、目元のメイクが見やすくやり易くなる場合もあるようです。
どこかの口コミで、エッシェンバッハのラボフレーム を装着して、目元の細かいメイクをしているという のを読んだことがあります。
私はラボクリップしか持っていないので、ラボフレームのような使い方は出来ないので、実際 どうなのか分かりませんが…

メイクは、見え方が落ちることで、ファンデーションやハイライトやシェーディング、チークなどが 知らず知らず濃くなってしまっている恐れがあるので、私は時々撮影してチェックするようにして います。
屋内だけでなく、太陽光の下での顔もチェックすると良いでしょう。

以下、簡単に弱視の私のメイクを紹介します。

弱視の私のメイク法

下地・ファンデーション

塗りムラを見つけられないため、
1.BBクリームと日焼け止めを混ぜて下地代わりに塗る
2.パウダーファンデーションを濃淡2色使って、立体的になるよう付け分ける(ブラシを使用)
*ハイライトとシェーディングを省略するため、ファンデーションの2色使いにしました。

チーク

チークとリップは、流行をプチプラコスメで取り入れています。
付け過ぎ・付かな過ぎを見極められないので、口コミの「このチークは発色が強い/弱い」 などの情報も参考にして、塗り方や商品選びに気をつけています。

以前はテンプレートを使い、今はそれも難しくなったので、眉用透明マスカラで整えるのみになって しまいました。
このために、今まで短めにカットしていた眉を伸ばすようになりました。

アイメイク

目の周り、特にまつげの感覚は敏感なので、案外うまく出来ます。
タブレットを持っている人は、鏡アプリを使うと繊細で丁寧なメイクもできるのではないでしょうか。
私はマスカラなどが落ちていても見えないので、「見えないけど落ちている前提で拭く(化粧直し)」か、 忙しそうな日はカールキープ力の高い下地のみ付けます。

リップメイク

輪郭が性格でなくても誤魔化せる、透明感のあるグロスを使っています。

発色が良すぎると輪郭が大事になって来るので、そういうグロスは使えません。
発色が自分にとってちょうど良いグロスが出たら、全色買うこともあります。

もっと具体的なやり方については、
弱視な私のメイク術|弱視独女のあれこれ
で書いています。

関連

筆者のサイトの関連ページ


上に戻る
弱視独女のあれこれ
見えにくいすべての人に。最大視力0.03の私の全アイディア