老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

老眼鏡を出したりしまったりが面倒な場合

家の外

老眼はピント調整能力の衰え。
目の病気や薬の副作用で早期に白内障になり、両目とも人工眼内レンズになった私もピント調整能力ゼロで、色々な度数の眼鏡を持っています。
掛け替える度に出したりしまったりするのは、けっこう面倒。
少しでも楽に便利にしたくて考えた方法を紹介します。

グラスホルダーを使う

誰もが思いつく方法かも知れませんが、やはりまずはグラスホルダーでしょうか。
眼鏡店の物も何度か購入したけれど、私の経験ではどれも落ちやすかったです。
いっそどうせ落ちるなら、オシャレで気に入ったものを使おう(もしくは買わずに済まそう)ということで、こんな感じで使っています。

グラスホルダーと自作グラスホルダー

左はコジット UVチェッカーハット コードグラスホルダーで、端のパーツを取り外すことが出来、普通にグラスホルダー(短めネックレスタイプ)として使える他、帽子(ハット)の縁を挟んでハットホルダー(ハットストラップ)としても使える、なかなか気に入っている品です。
右は、昔持っていたバッグの飾りとして付いていたハートのパーツに、手持ちの革紐のチョーカーを通しただけの実費無料のグラスホルダーです。
ハートの代わりにリングでも四角でも、メガネのツルが通る大きさの穴があれば、オリジナルのグラスホルダーが出来ます。

ルーペでカバーする

本来は、「老眼鏡はピントを調整する物、ルーペは拡大する物」というように用途を理解して正しく使うべきなのですが、外出時など一時的な使用では、柔軟に捉えても良いように思います。
老眼でピントが合わず見え難くとも、ルーペで拡大すれば見えるようになる。
そもそもルーペのレンズも老眼鏡のレンズも凸レンズなので、似たように使えるっちゃあ使えると、素人の私は勝手に思うのです。(ルーペの方が遥かに倍率が高いですが)

グレンツェン・エイト
上写真は、ドイツの光学機器メーカー、エッシェンバッハのグレンツェン・エイト
ちょうど母(老眼)が「買い物の時に使える、おしゃれなルーペが欲しい」と言ったので、購入したものです。
勧めたのは私ですが、購入したのは母なのでお世辞は無いと思いますが、とても便利で気に入って、毎日買い物に行く時に着用しています。
私も視力がもう少し良かったら欲しかったのに…と思う、洗練された素敵なデザインのペンダントルーペです。

使用レポートはこちら 買い物時の見えにくさに、グレンツェン・エイトを購入してみた

ペンダントルーペや携帯用ルーペは、実にたくさんの種類が売られていますが、レンズの品質はピンキリです。
見るためのアイテムなので是非とも品質の良いものを選んで欲しいです。

+αの上級編

これは危険な場合もあるので安易に勧めることは出来ませんが、こういう方法もあるということで。
「モノビジョン」と言うらしいですが、片方の目で遠くを、片方の目で近くを見るという方法です。
もともと左右の視力差が大きかった人などは、自然にそうなっていた場合もあるかも知れません。

私自身、目の病気による視覚障害にプラス、白内障手術で入れた人工レンズで遠視になってしまったことや、病気による視野の欠損具合で、右目で近くを、左目で遠くをという見方を自然にしていました。
その後右目も人工レンズで遠視になってしまい、今度は右目だけプラス度数のコンタクトレンズを入れて、術前と同じようなモノビジョンにしていました。
さらにその後は右目が網膜剥離でひどく見えなくなってしまったため、今は左右逆のモノビジョンに挑戦しています。

病気や障害がなく、このモノビジョンが上手くできれば、遠近で眼鏡を掛け替える必要がなくなるので楽かもしれません。
ただ、「さあ、やるぞ」と思って出来るものでもなく、無理をすると大事故・大怪我をする恐れもあるので、積極的にやるものでは無いとは思います。

話が逸れますが、白内障の手術をする際は、人工眼内レンズの度数を十分に相談して決めてもらってください。
個人眼科の方がそういう対応は良いかも。
私は度数を選べることなど知らず、手術を終えたら遠視になっていました。
中心視野欠損×遠視、の組み合わせは最悪で、不必要な苦労まですることになってしまいました。

ちなみに同じような度数でも、メガネよりもコンタクトレンズの方が違和感がなく、見え方も快適です。
ただコンタクトレンズユーザーの多くが近視矯正でマイナス度数なためか、プラス度数のものはお店に置いておらずに取り寄せになるので、注文と受け取りの2回お店に行くか、注文して自宅に配送してもらうかになると思います。