老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

雨の日を見やすく

家の外

断然、透明傘!

雨の日は、いっそう見えづらい…
そんな不快さを、私は透明傘にすることで、かなり解消できました。

透明傘を差して、向こうの景色が見えている写真

目がある程度以上悪くなると、「どうせ見えないし」なんて諦め気味になる時もありますが、 透明傘の効果は想像以上に大きいです。

透明傘のメリット1

まず、傘で視界が遮られないこと。
視力がある程度ある人は、もちろん大きなメリットになるし、 弱視も弱視なりに「なんとなくボンヤリ見える」だけでも、けっこう異なります。

透明傘のメリット2

一番大きいメリットが、上からの光を遮らないこと。
透明傘を使うまでは気づかなかったけど、普通の傘ってけっこう光を遮っているのですよね。
それが無いので、明るいのです。
薄暗いと凄く見えなくなってしまう人(私も)には、 本当にこの”明るさキープ”が素晴らしいメリットです。

透明傘のメリット3

メリット2と繋がっていることですが、足元に影が出来ないこと。
特に「明るければ、けっこう見える」という人には、足元の安全度が上がり、 快適さも上がるのではないでしょうか。

お気に入りを見つける

一昔前は、透明傘=急場凌ぎで駅前で買う、すぐ壊れる傘、というイメージだったかも知れません。
ですが今は透明地をベースにした様々なデザインの傘があります。
私はファッションブランドのオンラインストアで買い物をする際に時々傘もチェックして、気に入ったものがあったら購入しています。
ただでさえ暗い雨の日だけれど、間に合わせでないお気に入りの傘を持つ事で、気分は明るく軽くなります。
下写真の左は、急な雨に間に合わせで購入した3COINSの透明傘。
大きくて明るくて良いのですが、やはり造りが華奢なようで、なるべく風の無い日に使おう、そして劣化してダメになる前に使い切ろうと思っています。

透明傘

手を塞がない

傘袋に一工夫

外で傘を差して、屋内で傘を閉じて…その傘が邪魔なのです。勝手なものですが。
そこで、傘袋にベルトを縫い付けて、肩に背負えるようにしてみたら楽になりました。
別ページでレポートを書いています。

レポート 3COINSの傘袋に一工夫

傘を手で持たない

折り畳み傘の持ち手と付け替えて使う、傘ブレラという製品があります。
くるくると肩に巻きつける事で傘を固定するのですが、私の脳内の予想では傘が前後左右に倒れそうな気がして、いまひとつ購入する勇気が出ません。
とはいえ、これは「傘を持つ煩わしさをどうにかしたい!」という切望の元に真面目に考案された製品なのだろうと勝手に想像します。
下画像の製品が真面目でないというわけでは決して無いのですが、これを実用する勇気は私には持てそうにありません…

傘を持たない

場合によっては、「もはや傘を持たない」という選択肢があっても良いのではないでしょうか。
レインハットをかぶり、バッグやリュックを背負った上からポンチョを着てしまえば、傘を持たずとも雨で濡れるのを防げるでしょう。
前が透明になっているレインハットなら、明るさも確保出来そうです。