老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

モバイルバッテリーをコンパクトな物に変更

家の外
Anker PowerCore 5000とcheero Powerbox White 7000mAh

家の近所や通い慣れた場所以外へは、iPhoneのグーグルマップアプリのナビを頼りに歩いています。
「20m先、左です」などのように道順を教えてくれるのです。
もしこれが無かったら、目的地に行けないだけでなく、無事に帰って来られなくなります。

だから常にiPhoneは使える状態にあることが絶対。
電池の減りもどんどん進むので、充電のためのモバイルバッテリーも必須です。
荷物の軽量・コンパクト化を目指して、今回バッテリーを買い換えました。

Anker PowerCore 5000を購入

Anker PowerCore 5000とcheero Powerbox White 7000mAh

色、形、重さ、口コミなどを見て購入を決めたのが、Anker PowerCore 5000。
今の私の生活パターンでは、外出先でモバイルバッテリーを使って実際に充電することは、 あまりありません。 なのでバッグの中での定位置は、ポーチの底。
底にぴったり収まる形も、ちょうど良いのです。

Anker PowerCore 5000とcheero Powerbox White 7000mAh

先代のcheero Powerbox White 7000mAhと比較

Anker PowerCore 5000とcheero Powerbox White 7000mAh

左が今まで使っていたcheero Powerbox White 7000mAh。
右が新しく購入した、Anker PowerCore 5000。

今までのcheero Powerbox White 7000mAhは、性能には何の問題もないのですが、 もう少し小さく、軽い物にしたいと思っていました。
また、知識ゼロの状態で購入したので、私の使用度に対して高スペック過ぎたように思います。
この分野に関しては完全に無知なのですが、製品を見比べる限りAhが大きいほど大きく重くなる 様子。
それほど遠くには行かないので、そんなにAhは必要ないと判断しました。


付属していた袋に入れると、こんな感じ。

Anker PowerCore 5000とcheero Powerbox White 7000mAhを付属ケースに入れたところ

この状態で重さを比べてみたら、
cheero Powerbox White 7000mAhは202g。
Anker PowerCore 5000は154g。
50g近く、軽くなりました。


Anker PowerCore 5000の実際

箱や付属品などは上の方の写真のとおり。
小さな説明書が付属していますが、Ankerのホームページでも見る&ダウンロードすることが できます。

Ankerホームページ >Support >Manuals&Drivers >検索窓に製品名を入力して検索   

ですが説明書を見るまでもなく、非常にシンプル。
ケーブルを差す部分はここ。

Anker PowerCore 5000とcheero Powerbox White 7000mAh比較

本体(Anker PowerCore 5000)に充電する時は、写真下側の小さい方にケーブルを差し、 反対側はUSB充電へ。
本体(Anker PowerCore 5000)からスマホへ充電する時は、写真上側の大きい方にケーブル を差し、反対側をiPhoneへ。
これだけシンプルだと、機械に疎くても分かりやすくて助かります。

Anker PowerCore 5000とcheero Powerbox White 7000mAh比較

充電中はこのランプが点滅し、充電が進むとランプの数が1→3へと増えて行きます。
点滅が終わったら、充電完了の合図です。

あとはいつも持ち歩くBag in Bagの底に入れて、準備完了。
収まりが良くて気に入っています。

Anker PowerCore 5000とcheero Powerbox White 7000mAh比較

関連 弱視の私の必須9アイテム
視覚障害のある私が、地震などの災害に備える物
Anker PowerCore 5000 |Amazon.co.jp