老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

弱視の私が初めての病院に行くためにすること

家の外

以前なら何の苦労も無かった、初めての病院の受診。
視覚障害を持ってからは大変です。
「一緒に行くよ」と言ってくれる人はいても、なるべく一人でこなしたい。
そんな私は、こんな風に準備や対策をしています。

目次
  • ミッション1:辿り着く
  • ミッション2:受付&問診票
  • ミッション3:検査・診察
  • ミッション4:会計・薬
  • ミッション5:無事帰る
  • ミッション1:辿り着く

    まずは無事に辿り着かねば受診できません。
    そして視覚障害者(弱視)の私には、なかなか難易度が高いことです。

    まず、事前にパソコン(大画面)で地図(グーグルマップ)を拡大表示して見ます。
    駅に複数の出口があるならば、何番出口が良いのか、その出口の場所も地図で確認します。
    さらに、ストリートビューモードにして、病院の外観や周辺を確認しておきます。
    とくに個人病院などは、「青い壁」だとか「全面ガラス張り」だとかの特徴を知っておくと、本番で 見つけられる確率が上がります。

    当日はスマホアプリのグーグルマップのナビゲーションを使います。
    困るのは、都会だとマップの東西南北がぐるぐる回って方向が分からないこと。
    この辺は運任せですが、勘が外れてスタートに戻ってやり直し…という悲しいパターンもあります。

    まあでも諦めずに頑張れば、どうにかたどり着きます。
    東京女子医大は難しかったなぁ。行きの病院も、帰りの駅も、グーグルマップアプリのナビをうまく 使えませんでした…

    ミッション2:受付&問診票

    個人病院ならば、受付はだいたい入り口の近くにあるし、挨拶の声を掛けてくれる場合も多いので、 見つけられます。
    問題は大学病院ですね。
    敷地内に入っても入り口が見つけられない、という経験もしました。
    入り口を見つけても、今度は初診受付を見つけられない。

    当たり前ですが、白杖を持っているからといって特別扱いはありません。
    職員を見つけて聞けば答えてはくれるけど、こちらが「見えない」ということは一切関せず、 健常者に答えるように回答されるのが通常。
    病院のスタンスは、「一人で普通にこなせない人は、付き添いと一緒に来て」という感じでしょう。
    苦しいところですが、せっかくここまでたどり着いたのだから、めげずに探します。

    そして、視覚障害者にも普通に渡される問診票。
    ここでスマホの出番です。
    拡大鏡の役割をするアプリを使い、スマホ画面を覗き込みながら頑張って記入します。
    ここで愚痴ですが、頑張って書いた問診票を、医師がちゃんと見ているとは思えないのですが…!!

    ミッション3:検査・診察

    検査室って機械があったり狭かったり、けっこう危ないですね。
    経験では7割の先生は親切で、目が見えないことを配慮してくれます。ありがとうございます。
    残りの3割に当たった時は、転んだり怪我をしたりしないよう、自衛に努めます。

    診察は、画像診断が見えなくて悲しいですが、どうにかなるでしょう。

    ミッション4:会計・薬

    受付の案内はしていないのに、会計の案内は積極的にしている病院が多い気がするのはなぜだろう…
    「受診したい」という希望より、「会計したい」という希望の方が、真摯に応対してくれるようです。

    大学病院の自動支払機。
    私の利用するところでは、行列に並んでいて、機械が空いたらそこへ一人ずつ行く…というケースが 多いですが、空いたことが分からないので、行列の後ろの人か、係の人がいれば係の人に「空いたら 教えてください」とお願いしてしまいます。
    機械操作はルーペを使って、どうにかなります。
    それほど選択肢もないし、お金かカードを入れるのが目的なので。

    会計や薬が、電光掲示板で番号表示される場合は、単眼鏡かスマホの拡大機能を使って見ます。
    (会計受付の際に、放送でお呼びしましょうか?と言ってくれる方もいらっしゃいます)

    個人病院の院外処方だと、また問診票を書かねばなりません。
    私は掛かりつけの薬局があるので、先にそちらに
    「〇〇」という薬はそちらで出してもらえますか?
    と問い合わせて、OKならば掛かりつけでお願いしてしまいます。

    大学病院の薬の処方が間違っていると、あとで面倒です。
    よほどの事情がないと、足りない分を配送…なんてしてくれません。
    病院側のミスなのに、こちらが再び出向いて、処方のために診察を待ち、会計を待ち、薬を待ち…とやらねば ならない場合も。病院のミスなのに。
    だから、薬を受け取ったら、その場で確認したほうが確実です。

    ミッション5:無事帰る

    上にも書きましたが、東京女子医大は本当に分からなかった…
    最寄りは地下鉄駅だったのですが、グーグルマップアプリのナビゲーションが、駅のないところで
    「目的地は左です。お疲れ様でした」なんて言って終了しちゃうのです。
    人に尋ねて教えてもらっても、目が悪いせいなのか?本当に辿り着けず。

    地下鉄の駅って、JRなどよりも入り口が小さくて目立たないから、見つけるのが難しいです。
    病院の最寄りが地下鉄駅の場合、病院からタクシーに乗ってしまった方が安全かもと思いました。

    帰りの時間が、電車のラッシュ時間と重なってしまった場合は、駅ビルなどで時間を潰してラッシュを避けて 乗ることもあります。

    通院は大変。なるべくしたくないものです。