老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

HOYAの暗所視支援眼鏡 MW10 HiKARI をプチ体験

家の外
HOYA 暗所視支援眼鏡 MW10

サイトワールド2018で、暗所視支援眼鏡という物を初めて知りました。
HOYA(株)のMW10 HiKARIという製品です。
「夜盲症の方のための…」という名目だったので、夜盲症と診断されたことのない私はどうなんだろう、 関係ないのだろうかと思いつつ、装着したら驚きました。
せっかくの体験だったので、ここに書いておこうと思います

関連 サイトワールド(Sight World)2018に行って来ました

目次
そもそも「夜盲症」って?
私が見た、初めての世界
MW10 HiKARI

そもそも「夜盲症」って?

!!素人の書く文章なので、正しい情報は他のサイトを参考にしてください。

字から連想するに、暗いと見えない症状かなと思いますが、どうやら医学的には「暗順応障害」とも 言うそう。
明るいところから暗いところに行くと、最初は見えなくてもだんだんと目が慣れてきますが、この順応 が働かずに、暗いところで見えにくい症状を夜盲症と言うようです。

網膜色素変性症など先天性の物の他、後天性の夜盲症もあるそうです。

私は「夜盲症」の説明をあちこち見ても、自分の病気の名前は一切出てきませんが、 暗いと著しく見えないし、時間が経っても慣れません。
医師から「夜盲症」と言われたこともありません。
でも、症状だけで判断すると、どう見ても夜盲症です。

ちなみに「夜盲症」の説明の際に必ず「鳥目(トリメ)」という単語が出てきます。
鳥が暗いところでは目が見えないというのは有名ですが、昔飼っていたインコは部屋を暗くしても騒ぐし、 出かける前などにケージに入れるため、捕まえようと部屋を暗くしても普通に逃げていました。
なんだったんだ。

私が見た、初めての世界

視覚障害者のイベント「サイトワールド2018」の会場、HOYA(株)のブースで「暗所視支援眼鏡 MW10 HiKARI」 に出会いました。
ちょうど空いていたので、見せていただくことに…

席に付き、まず自分のメガネの上からこの暗所視支援眼鏡を装着。
視界に何か映っていたのだけど、弱視なのでよく分からず。そうしたら担当の方が調節して拡大して くれた様子。

そして視界に緑色の物が出されました。
なにしろ視力が悪いので、「え?何?分からないよ?」と思っていたのですが、そういうことでは ないらしく、次に赤色の物が出されました。
弱視なりに、緑も赤も見えたので「緑と赤は分かったけど…なんだろう?」と解せぬまま、担当の方の 「(暗所視支援眼鏡を)外して見てください」との言葉に従って外し、視界が真っ暗なことにビックリ。

つまりは
(手順1)暗くした空間の中で暗所視支援眼鏡を装着し、緑や赤の色が見えることを確認
(手順2)同様の条件下で暗所視支援眼鏡を外し、こんなに暗い中で緑や赤が見えていたのかとビックリ
という感じです。
暗所視支援眼鏡を外した状態でも緑や赤も出されたようですが、暗すぎて何も見えませんでした。 (緑や赤は、カードか何かだったらしい)

暗所視支援眼鏡をつけた状態での視界は、蛍光灯の下で何かを見ているような感じでした。
頂いたパンフレットに写真がありましたが、まさにこんな感じ。
四角で囲んだ部分のような見え方でした。

HOYA 暗所視支援眼鏡 MW10

MW10 HiKARI

子供の頃から動物番組が好きで、目が悪くなった今も時々テレビに顔をくっ付けるようにして見る時も あります。
そんな私が第一に思ったこと。
「なんでこんなに色が見えるの?」

野生動物は夜に活動する種も多いので、よく夜間の行動もカメラで撮影されて放送されつのですが、 暗いし画質も荒いしコントラストも感じられないし、とにかく見えにくい。
つまり、私が思っていた「暗いところで見えるカメラ」とは全く異なる見え方だったのです。


この暗所視支援眼鏡MW10 HiKARIは、HOYA独自開発の低照度高感度カメラを使っているそう。
暗闇の中のわずかな光を増幅させ、対象物の色彩を自然に再現します、とのこと。
なるほど、「再現」なのですね。
だから普通のカメラとは違うのか。

さて、このMW10 HiKARIは
・明るさの調整ができる
・色調は、標準、白黒、白黒反転、ハイコントラスト(白と黄を強調)の切り替えができる
・本体は黒、白、赤、グレー、ネイビーの5色から選べる。
・アウターレンズはOB,YE,DGD,YB,GYDの5色
・視力矯正が必要な人には、インナーフレームレンズをディスプレイ前に取り付けることも可能。(オプション)
・雨の日も安心な防滴対策
などの心強い機能があるようです。

メーカー希望小売価格は、395,000円(税別)。
2018年4月25日発売開始ということで、もう発売されているのですね。
税込で40万円を超える価格は、気軽に購入できるものではありませんが、あの視界を得られるならば 決して高額では無いと感じます。
私も今まで、暗くて見えずにぶつかったり、つまずいたり、落ちたり、転んだり、全く見えず怖くて 泣きそうになりながら摺り足で進んだりなど、たくさん経験しています。
外出の際は必ずライトを持っていますが、足先50センチくらいが明るくなる程度。
MW10 HiKARIを装着してあんな明るい視界が得られるなら、夜の帰宅の怖さも激減するのかもなぁと 想像します。

素晴らしいメディカルウエアラブルですが、「付けてすぐバッチリ見える!」と言うものではなく、慣れや 向き・不向きもあると思うので、購入を決める前に必ず試着したほうが良いでしょう。

目の病気でどんどん失っていく視力や視野に、不安や恐怖で押しつぶされそうになる時もあります。
どれほど寄り添ってくれる人が居ても、見えない不自由さや悪化の恐怖は孤独なものです。
ですがこのような機器の出現は、暗闇の中に光を、絶望の中に希望をもたらしてくれます。