老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

遮光眼鏡ビューナル(Viewnal)が入る眼鏡ケース

家の外

遮光眼鏡Viewnalのケースは良品だが大きい

ビューナル(Viewnal)のケース

ロービジョンフェアの「サイトワールド」会場で、色々試着させてもらい購入した、東海光学の遮光眼鏡ビューナル(Viewnal)。
レンズの種類が豊富なのはもちろん、サイズも2種類あって迷いました。
担当の方に尋ねると、遮光眼鏡の大きさがどちらであっても、専用ケースの大きさは同じとのこと。
「ならば大きい方で良いか(小顔効果もあるかも知れんし)」と、大きい方を選んだのでした。
そしてその大きい方の遮光眼鏡が入っても尚、ゆとりのあるビューナルの専用ケース。
家で保管しておくには良いのですが、持ち歩くには嵩張るのです。
少しでも荷物の重量と体積を減らしたいため、ケースを探しました。

そしてたどり着いた眼鏡ケースは…

ビューナル自体が立体感があり、なにしろ眼鏡の上からも掛けられ、上部やサイドの光も遮る仕様。
必然的に大きなサイズとなり、手持ちの眼鏡ケースでは全く収まりませんでした。

市販品のサングラスケースは、サングラスがきちんと収まるように、サイズに余裕がありそうに思えました。
ペンケースやポーチなど、他の物で代用できないか考えていて思いついたのが、水泳用のゴーグルのケースでした。
SWANSスイミング用 ゴーグルケースで、サイズはMedium。

SWANSスイミング用 ゴーグルケース

色がポップ…というかケバケバしいほどのピンクなのですが、サイズがピッタリでした!
ピッタリすぎて、ケースを振っても中の遮光眼鏡が揺れません。
あとちょっとでもケースが小さかったら、使えないところでした。

良い点はピッタリだったことだけでなく、このケース、とても軽いのです。
Viewnalのケースも約69gと、素晴らしく軽量(かつ頑丈)なのですが、このゴーグルケースは46g。
バッグの中でガタガタ揺さぶられる程度の力からは、十分に中身を守ってくれそうな感じです。

大きさを比較してみると、こんな感じ。

遮光眼鏡ケースとゴーグルケース

ビューナルのケースは全体が曲線な感じで、サイズをどう測ったら良いのかわかりませんが、私なりの計測では
18cm* 7.5cm* 8.5cm
くらいな感じ。
ゴーグルケースは、販売サイトによると 18.5cm* 7.5cm* 6.0cm
とのこと。
私の計測の方は不確実ですが、厚みが2.5センチくらい異なるという感じでしょうか。

中に遮光眼鏡を入れてみると、こんな感じです。

SWANSスイミング用 ゴーグルケースにビューナルを入れる

カラビナを付けて、バッグなどから下げられるようにもなっています。