老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

モバイルバッテリーをコンパクトな物に変更

家の外

弱視を補うための荷物が多い

ロービジョン(弱視)ならではの荷物があります。
白杖、ルーペ、単眼鏡、懐中電灯、メガネ2つ、メガネ拭き、遮光眼鏡などなど。
そしてスマホは、グーグルマップで目的地にたどり着くまでの命綱。
万が一、充電切れで使えなくなったら、目的地に着けないどころか帰ることさえ危なくなります。
というわけでスマホ、音声を聞くためのイヤフォン、そして充電器とケーブルも必須アイテムなのです。

もともと荷物をたくさん持って歩くのは好きでないし、首も腰もヘルニア持ちなので重い荷物はすぐ体にダメージが来ます。
なので、小さなことからコツコツと持ち物の軽量コンパクト化を目指しています。
そして今回、充電用のケーブルを買い換えました。

長さ10cmのケーブル

USB ライトニング ケーブル

画像左がiPhone購入時に付属していたApple純正ケーブル、右が今回購入した長さ10センチのケーブルです。
今まで、この長いケーブルをグルグルと充電器に巻きつけて「エイやっ!」と付属ポーチに収納していたのですが、その必要がなくなりました。
私の用途では、この短いので十分です。
しかも色が明るくポップで、持っていて楽しいです。

購入したのは、Amazonベーシック 二重編組ナイロン製 USB A to ライトニングケーブルという物。
「アップルMfi認証済」と書いてあるし(どういう意味か知らないけど)、カスタマーレビューの評価も高めだったので良いかなと選びました。

充電器も赤いのを購入したので、だいぶ可愛い感じに揃ってきました。
左側の黒いケーブルは、Bluetoothイヤホン用の充電ケーブルです。

USB ライトニング ケーブル

関連ページ
弱視の私の必須9アイテム
モバイルバッテリーをコンパクトな物に変更