老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

FaceTimeアプリを使ってスーパーでの買物を成し遂げる

家の外

きっかけは身内の怪我

自分自身の決まりきった買い物はしていましたが、家族の分の買物や家事は身内に頼っていました。
が、その身内が交通事故で動けなくなりました。
ここはもう私が頑張らねば、という展開になりましたが、やはりスーパーでの買い物で、買い慣れない商品を見つけるのは困難。
そこで考え付いたのが、画面でお互いを見ながら通話の出来るアプリ「FaceTime」を使用することだったのです。

まず家で練習してから

うちの場合は、私=iPhone、安静中の身内=iPadで、それぞれAppleのIDを持っています。
FaceTimeはAppleのアプリで、消してしまったか何かで入っていなかったので、APP STOREからダウンロード。
最初、なぜかiPadの方が使えなかったのですが、原因はApple IDできちんとログインをしていなかったからのようでした。

これで家で別の部屋から電話(FaceTimeアプリ内から掛ける)をして、カメラで映したものが相手に見えるか確認し、練習終了。

*FaceTimeをONにするには、設定アプリ>FaceTimeのところでオンにします。

お店で実行!

iPhoneを手に持って使っても良いのですが、私は透明なケースに入れて、首から下げました。
ちなみに左は3COINS、右はキャンドゥで購入した物です。
私の目線と近い方が、おそらく話がお互いに通じやすいだろうから、ストラップは短めに装着。

そしてスーパーの売り場からFaceTimeを使って電話するのです。
身内は毎日のように利用していたスーパーなので、私のiPhoneから送られてくる映像を見ながら「もっと左に行って、角を曲がって…」だとか、「下の段を映して」などと、場所も聞くことができました。
例えばヨーグルト売り場で目的のヨーグルトを、豆腐売り場で目的の豆腐を、パン売り場で目的のあんぱんを…と、見つけることが出来ました。
ついでに賞味期限も見てもらっちゃいます。
かなり楽!!

もちろんお店の空いている時に行います。
映すことや会話に夢中で、周りが見えずに迷惑になっている客にはなりたくないので。

あらゆる場面で使えるかも?!

リアルタイムで相手に映像を見せつつ、通話状態である。
これはアイディア次第で様々な場面で活用出来るのではないでしょうか?
最初にFaceTimeを知った頃は、「相手に自分の顔や周囲の様子が見えちゃうなんて、絶対に嫌!」と、間違いのないようにFaceTimeをオフにしていました。
が、何も顔を見つめあって会話するだけの物ではないのですよね。

弱視ならではの使い方としては、上記のように買い物や、行き先の道案内、書類を読んでもらったり、出入り口や会場を見つけてもらったりと、「遠隔ガイド」のようなことをしてもらえそうです。
もちろんこれには、身内やそういうことを頼める親しい人が必要なわけですが。
有償でこういうサービスがあっても良いのじゃないでしょうか。
○月○日、○時から○時まで…なんて感じで契約をして。

ITと人の力を借りて、出来ることがどんどん増えて嬉しいです。