老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

老眼鏡と裏技ほか

読む・書く

目の病気でロービジョンになった私ですが、病気と薬の副作用で早々に白内障になり手術を受け、30代で両目ともピント調節力ゼロの人工眼内レンズになりました。
同時に遠視になってしまったので、眼鏡のレンズはプラス度数。
少しでも見え方を良くしたくて、老眼鏡を試しまくりました。
ここではその中で見つけたアイディアや経験などを書いていきます。

百均の老眼鏡

百均の老眼鏡のメリットは、
・安い
・検眼など面倒なことをせずに入手できる
が主かと思います。
安いが故に、色々な形や色々な度数を試せるし、うまく行けばカスタマイズ(後述)も出来ます。

そしてデメリットは、
・レンズの質の問題
・歪みの問題
・(女性には?)サイズの大きいものが多い問題
でしょうか。

とは言え百円です。
百円にしてはレンズの質は十分とも言えます。

歪みは、ツルの開く角度が左右で明らかに違っていたり、ツルを広げて置いた時の左右の高さの違いがけっこうあったり。
これもまあ金額を思えば仕方のないことですが、この「歪み」と「サイズが大きい」ことが合わさると、使用感が不快すぎて使い続けられません(私は)。

そんなわけで、たくさんの百均老眼鏡を捨ててしまって環境破壊して反省しきりなのですが、その失敗から得た教訓は「メタルフレームを買え」というものでした。
特に女性や顔の小さい方には、百均老眼鏡はメタルフレームが良いかも。

なぜかというと、メタルフレームならば金属部分を自分で曲げて調節出来るからです。
こんな荒技が出来てしまうところが、百均老眼鏡の強み。
特に鼻の高さが控えめな人は、小さいサイズのメタルフレームの老眼鏡が良いです。
メガネが小さいと、鼻当て部分だけでなく左右のツルで顔を挟む力で固定できるからです。(そもそも百均老眼鏡は、そんなに締め付ける力は無いので辛くありません)
ただ、百均の老眼鏡のほとんどがセルフレームです。
時期によっては、メタルフレームがゼロの場合も。
なので私は、小さいサイズのメタルフレームを見つけた時は、手持ちの在庫がない時は購入しておきます。

百均セリアの老眼鏡

上の写真は百均セリアで購入した、小さめのメタルフレームです。
百均老眼鏡の度数は、小さい店舗では+3.0くらいまで、大きい店舗では+4.0くらいまで置いてあることが多い印象です。
昔はしっかりした造りのメタルフレームで、+4.5や+5.0とかも売っていたのですけどね。

百均老眼鏡の裏技

フィットさせる(メタルフレーム)

上で書いたように、金属部分を自分で曲げて無理やりフィットさせてしまいます。
私はノーズパッド部分をグイッと立ち上げたり、ツルのカーブを強めたりしていました。
あくまでも”百均だから壊れてもしょうがない”の覚悟でですが。

偽ルーペ

短時間・ピンポイント的に使う場合は、敢えて度数を高いものを使う手もあります。
当然ピントの合う距離は短くなりますが、大きく見えるようになるので、例えば刺抜きやボタン付けなど、小さいものを一時的に見る場合に使える技です。(弱視だと難しいです)

重ねる

老眼鏡のレンズを重ねると、度数が上がります。
「偽ルーペ」で書いたような一時的な使い方をする場合、老眼鏡を重ねづけするという方法もあります。
(見た目はもちろん変です)
クリップタイプの老眼鏡を使うと、[通常の老眼鏡]+[クリップ式老眼鏡]となり、必要に応じてクリップ式の方を上げたり降ろしたりして使えます。
[+1.0]するだけでけっこう変わりますよ。
このクリップタイプは、1000円〜3000円くらいのものが多いようですが、百均にも時々置いてあります。

お勧めはしないが私の裏技

お勧めは出来ませんが、私の体験です。
白内障手術や網膜剥離手術(シリコンオイル)で目の屈折率が大きく変わり、医師から眼鏡作成の許可が出るまでの期間に試したことです。

同じタイプの度数違いの老眼鏡を買い、片方のレンズを外して嵌め変えて、左右の度数に合うようにしていました。
ですが、まずレンズをフレームから外すのが難しく、危険。
無事に外せて嵌め込んでも、しっかり固定されずに仕方なくテープで留める…といった感じでした。
また網膜剥離後は凄まじい遠視になってしまったので、片眼だけレンズを2枚重ねづけしたりもしてみました。(テープで外周をぐるっと貼る)

眼科での検眼と処方箋と注文

すごく視力が悪いのに、眼科で眼鏡の処方箋を書いてもらったのは1度だけです。
網膜剥離後、シリコンオイル注入で遠視がひどくなったため、測ってもらいました。

両目とも人工眼内レンズなので、ピント調整能力はゼロ。
そのため、近用と遠用の2つを、1度に検眼してもらいました。
大学病院は融通が利きませんが、担当してくださった方が長年私を知ってくださっているベテランの方で、最初に検査での適切な度数を調べた後、さらにスマホの見え方なども考慮してくれ、ベストな度数を見つけてくれました。

処方箋は2つで、封筒などには入っておらず、私も普通に見れる用紙。
そして私は、弱視でお店でフレームなどを探すのは困難なので、オンラインで注文しました。
オンライン注文も、度数などを選んだりと細かい作業で苦労しましたが、ゆっくり選ぶことが出来たので良かったです。

というわけで、処方箋のデータを使って注文しましたが、処方箋の提出はしていないので、まだ手元にあります。

専門の先生による検眼はやはり正確で、自分の基本的な度数が分かって良かったです。
この注文後も度数を変えたり色々やってみたのですが、それも元となる正しい値があるから出来たことでした。

オンラインで注文

既製品は楽チン

オンラインでの注文でも、かなり購入しました。
元々の近視から数えて、3回も屈折率が変わっている(すべて手術の関係)ので、その都度いくつか購入したのでした。

リーディンググラスを買う

すでにプラス度数のレンズとフレームがセットになっている、リーディンググラスがあります。
zoffは+1.00から+2.50まで、JINSは+1.00から+2.00までがあるようです。

左右の度数が同じ場合は、こういう物を選ぶのが簡単です。
私はzoffのリーディンググラス+2.50を購入したことがありますが、やはり百均とは全く造りが違います。
しっかりしているし、歪みもないし、レンズもクリア。
購入したのはだいぶ前ですが、品質が良いので今も親が使っています。

自由に選んでカスタマイズ

既製品ではレンズの度数が合わない場合や、好きなデザインで作りたい場合はこちらです。
私も既製品では度数が合わないので、フレームを選んでレンズの度数を設定して注文しています。

老眼だけの場合は大丈夫かも知れませんが、強い遠視だと対応しないフレームがたくさんあります。
(フレームを選ぶ時点でそれがわからないのが、辛いところ)

このカスタマイズ注文の場合の最高度数は、zoffもJINSも+10.00です。

カスタマイズ注文の老眼鏡

オンラインのカスタマイズ注文で作成した眼鏡。
上はJINSで、右目のレンズは最高度数の+10.00。レンズがものすごく分厚く、重いです。
下はzoffで、遠くを見るように作った眼鏡。小さめで軽いので、ずり落ちの不快さがあまりありません。

レンズ交換(有料)

よく「レンズ交換可能」などと書いてありますが、私も実際にzoffでレンズ交換をしてもらいました。
もともと(もう少し視力が良かった頃)zoffの店舗で選んで購入した眼鏡で、その後手術で屈折率が変わった時などに、計3回交換しました。
(ちょっと良いフレームだったので、度数が変わっても使いたかった)
一番安いレンズでお願いして、片眼分で1500円(+税)。
低価格でありがたいです。

応対する人によって親切感がかなり違いましたが、親切な方は「元のレンズにまた戻すことも出来るのでいつでも仰ってください」というようなことを言ってくれました。
そうでない方は「(外した)レンズどうしますか?」だけでしたが。
というわけで、交換前のレンズに戻す可能性のある場合は、取っておくと良さそうです。

カスタマイズ注文の老眼鏡

レンズ交換をしつつ使っている眼鏡。同じメーカーでも、やはり価格が違うと使用感も格段に異なります。

ずり落ち防止

顔の平面さ、鼻の低さでは誰にも負けない自信があります。
そんな私が試行錯誤して得た、ずり落ち防止策です。

1.眼鏡の選び方

ずり落ち防止グッズが色々ありますが、それ以前に眼鏡自体も大事です。
無理のない範囲で、
・幅(右レンズフレーム右端から左レンズフレーム左端まで)が狭い
・レンズの面積が小さい
・フレーム自体が軽い
・鼻当ての部分がセルでなく、メタルフレーム系だと尚良い
と、こんな感じです。

幅が狭すぎると頭痛や不快感につながる恐れもあるので程々に…ですが、鼻ペチャ子としてはこの狭さを活かしてツルで顔を挟み込む力も、ずり落ち防止に利用したいところです。
上の方のzoffのピンクのメガネは、それが叶っています。

後はとにかく軽いことです。
特に近用目的ならば、大きなレンズも必要ないと思います。
(私はロービジョンなので、外出用のメガネは顔を守るために大きめのものにしています)
鼻当て部分がメタルフレーム系の物は、自己責任ですが、ここを立ち上げ気味に少し変形させると、鼻筋(無いけど)の上で立って踏みとどまってくれる感じです。
鼻筋がないので、鼻パッドで鼻筋を挟むということ自体が出来ないので!

2.ずり落ち防止グッズたち

老眼鏡 ずり落ち防止

上の写真は、
左:セルシール
中央上:ピタリング
右:百均ダイソーのメガネストッパー
です。
ピタリングは口コミ評判はとても良いのですが、私には効果が感じられませんでした。
セルシールはサイズがいくつかあり、私は「ミニ(セルシールM)のLLサイズ」に落ち着きました。
が、セルシール単品では私の平面顔には足りず。
全く期待せずに購入した、ダイソーのメガネストッパーをセルシールと併用したら、以外にもずり落ち問題が解決しました。
メガネストッパーは、ツルにはめて耳の後ろで固定する感じなのですが、掛け外しの時に邪魔です。
が、短所はそこだけ。
フニャフニャで頼りない素材なのですが、嘘みたいにメガネをしっかり固定してくれています。
(でも髪にカーラーを巻いている時などは、これを付けているメガネは掛けられません)

この組み合わせで解決してしまったので、それ以降は眼鏡のずり落ち防止対策の製品などを探すこともしなくなりました。