老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

あらゆる手段で文字を読む

読む・書く

字を読むにはどうすれば良いか?
で挙げた方法を、ここでは実践してみたいと思います。
こんな用紙を用意しました。

白い用紙に色々な色で文字を印刷している

B5用紙に、文字を印刷しています。
これを色々な方法で見てみましょう。

老眼鏡を使う/ルーペ を使う

老眼鏡を用紙の上に置いた 置き型ルーペ ハンドルーペ

左は老眼鏡、中央は置き型ルーペ、右はLEDライト付きのハンドルーペ。 実際に目で見るのと撮影するのとでは、ピントの位置などが変わってくるので、画像はあくまでもイメージです。
それぞれについては、
老眼鏡と裏技ほか
手持ちルーペの実際
置き型ルーペの実際
をご覧ください。

2.電子機器で拡大する

ハンドルーペ

例として、iPadを拡大読書器のように使ってプリント用紙を大きく映し出した様子です。
ちょっと分かりにくい画像かもしれませんが、大きな面積を占めている黒いフチで囲まれているのがiPadの 画面で、右下にあるのが被写体のプリント用紙です。

iPadとプリント用紙は、手で持つよりも、台などの上に置いた方がピントがいちいち動かないので 良い感じです。
この使い方について詳しくは、
iPadを拡大読書機のように使ってみる(1)
で書いています。

3.デジタル画像にして拡大する

2.は「用紙」を「iPadのカメラ&ズーム機能」を利用して拡大しました。
ここでは「用紙」を撮影(orスキャン)して、「データ」として取り込んだものを拡大します。

まずは3種類の方法で取り込んだデータです。

スマホで撮影 iPhoneメモアプリの
スキャン機能で撮影
スキャナーでスキャン

さすがにスキャナーでのスキャンが一番きれいですが、どれも十分使えるクオリティー。
これらの画像を、パソコン・タブレット・スマホなどで開いて、拡大することで見えるようになります。

さらにこのようにデータ化することで、さらに発展した使い方が出来ます。
次の4.で紹介します。

4.デジタル画像からテキスト(文字)に変換

3.で取り込んだ画像データを、さらにテキストデータに変換してみます。
テキストデータにすることによって、大きなフォントで表示して見やすくしたり、編集したり、 読み上げ機能を使って音声として読み上げさせることが出来るようになります。

使っているパソコンやアプリ(ソフト)によって、テキスト化の方法は色々ですが、ここでは私が やっている方法を簡単に紹介します。

[方法]
1. 画像を「プレビュー」アプリで開き、PDF形式で保存する。
2. 「Googleドライブ」にアクセス。
3. 「+新規」をクリックし、「ファイルのアップロード」を選ぶ。
4. アップロードしたデータを、ダブルクリックで開く。
5. 「アプリで開く」から「Googleドキュメントを選択」。

すると、テキスト化されたものが表示されます。

白い用紙に色々な色で文字を印刷している

これは、その画面のキャプチャ(スクリーンショット)。
この文字をコピーして、ここにペーストしてみます。

弱視独女の赤裸々じゃくしどくじょのせきららジャクシド クジョノセキララ jakushidokujonosekiraraJAKUSHIDOKUJONOSEKIRAR AらららうふふラララウフフRararaUfufu 弱視独女の赤裸々じゃくしどくじょのせきららジャクシド クジョノセキララ jakushidokujonosekiraraJAKUSHIDOKUJONOSEKIRA RAらららうふふラララウフフRararaUfufu 弱視独女の赤裸々じゃくしどくじょのせきららジャクシド クジョノセキララ jakushidokujonosekiraraJAKUSHIDOKUJONOSEKIRARA らららうふふラララウフフRararaUfufu 弱視女の赤裸々 Scan

選択してもらえると分かると思いますが、これはもう「テキスト」になっています。
「.txt」で保存できるデータです。
このままメールの本文としてペーストしたり、音声読み上げ機能を使って、パソコンやタブレット、 スマホなどで読み上げさせることも簡単にできます。

Googleドライブは、Googleアカウントの取得とログインが必要ですが、誰でも無料で使えます。