老眼、目の病気、弱視などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

ピタリングを付けてみた

読む・書く

鼻がものすごく低い+強い遠視+安い眼鏡
というトリプルコラボにより、常に眼鏡が鼻に掛かる重力がストレスです。
セルフレームのノーズパッドに貼るシールのおかげで、ずり落ちは解消されるのですが、 それでも重さが鼻にのしかかることが、常に不快。

そこでさらに「ピタリング」という、ツルに付けるパーツを購入してみました。
口コミもけっこう良かったので…

私はクリアを購入。こんな感じのリングです。

ピタリングのアップ写真

この、側面に切れ込みが入っています。
メガネのツルは、リングの輪ではなく、側面の切り込みに通します。
一番メインで使っているウェリントンっぽいデザインのメガネだと、 ツルの端が太いので、入れる時がキツキツでした。

伸びる素材なので大丈夫だけど、何度も出し入れしたら切り込み部分が 伸びて緩くなってしまいそう…
太いところを過ぎれば、ぴったり収まりました。

ピタリングをメガネのツルに通したところ

このリングは、耳の前や後ろなど、自分で収まりの良い位置に自 由にセット出来るのですが、私は耳の上くらいが良い感じでした。
「ズレ」に関しては、そこそこきちんと効果がありそうに思います。

ノーズパッドに貼るシールよりも装着が簡単だし、伸びなければ (切り込み部が緩くならなければ)長く使えそうな点も良さそう。
また、ちょっと左右の高さのズレを感じる眼鏡の調整にも良いかもと思いました。

ただ、私の願いである
「眼鏡の重さから解放されたい」
に関しては、あまり効果を感じられませんでした。
やっぱり薄くてやや高価格のレンズを選ぶしか無いのかも。

追記

その後、百均のメガネストッパーの併用で私のメガネずり落ち問題は完全に解決しました。
→関連記事
セルシールを愛用
百均のメガネずり落ち防止ストッパー


ピタリング

クリアの他に、黒、赤、青もあります。